やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

この世界の片隅に

SNSで評判だったので、ずっと観たいと思っていた「この世界の片隅に」を観に行ってきました。

チェンマイのMAYAというデパートで、「タイ日映画祭」が開催され、その初日ロードショーがこの映画でした。ネットやフェイスブックなどで事前の告知を見ていたのですが、その日の午後、知人から聞いて、じゃあ行ってみようという気になり出かけて行きました。

が、しかし、すでにチケットは売り切れ、満席状態で、立ち見も断られる始末でした。当日の数時間前に行っても、大丈夫だろうとタカをくくっていましたが、大いに油断していました。開会式に招待されていた数人の知人と挨拶を交わし、潔く諦めて、何も観ないまま、昨夜は帰宅しました。

観れないとなると、余計に観たくなるものです。さっそく、ネットで調べてみると、チェンマイではセントラルのエアポート店とフェスティバル店のMajor Cineplexで一般ロードショーしていました。これは行くしかないということで、今日、フェスティバル店で16時50分からの上映を選びました。

なんせ久しぶりのタイ映画館です。チケットの買い方もよくわかりません。タッチパネルの自動販売機の前に映画館のスタッフがいて、教えてもらいながら購入しました。大人170バーツでした。「タイ日映画祭」、昨日だったら半額以下の80バーツで観られたのにと悔しい思いをしながらも、まあ、日本より安いからと自分を納得させました。

おー、中に入るといくつもホールがあるんですね。第9ホールでの上映、観客は私を入れても10人以下、ガラガラでどこに座っても大丈夫な状況でした。それにしても、時間になってから次回映画の宣伝やコマーシャルが長過ぎ。こんなに長かったかなとしょっぱなから疲れ気味でした。そして、国歌斉唱が始まり、起立しない人が一人いましたが気にせず、私は起立してスクリーンに流れる映像を興味深く追っていました。最初は、亡くなられた前国王と現国王の幼少期の映像から始まり、そして最後は、まあ当然ですが現国王の映像になっていました。このバージョンを見たのは、初めてです。

映画自体は、やはりすずさんの声、のんさんがいい味を出してくれていました。淡々と進む物語でしたが、結局は恥ずかしながらこっそり鼻をすすっていました。気をもむラブストーリーでも、恐怖や悲しみだけが残る映画でもなく、前半のんびりした感じでしたが、後からじわじわっと効いてくる良い映画だと思います。そうそう、日本語版で、下に割と大きな文字でタイ語の字幕、さらにその下に少し小さめの文字で英語字幕がでていました。ただ、この物語の中での会話やニュアンスを文字で伝えるには限界があるだろうなと感じました。

本編が終わったらみんな出ていくかなと思ったら、もともと少ない人数でしたが、最後のロール、クレジットまで残っている人もいて、意外でした。ただ、この映画がタイの人にどのぐらい受けるかな?という気はします。多分、日本のように口コミで広がってロングランというようなことにはならず、1週間ぐらいで打ち切りになりそうです。何はともあれ、劇場で日本語で観ることができて満足です。
関連記事

| やっぱ気になる | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/882-ff24c059

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT