やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

拍子抜け

昨夜のビールが残る中、朝6時前には起きだし、プロムナードのイミグレ事務所に着いたのは6時15分でした。すでに何人かが並んでいましたが、90日レポートの列には、私の前に9人ほどが椅子に座って待っていました。私は前回の教訓から、家から持って来た折り畳みの椅子に座って待つことにしました。

今日は、前回4月の時に比べて、拍子抜けするぐらい並んでいる人が少なかったです。私はと言えば、スマホをいじりながらひたすら時間をつぶしていましたが、8時50分ぐらいから、提出書類をチェックして整理番号の札を配り始めました。実はその前に、念のため申請用紙を確認に行ったところ、「でた~!」「きた~!」、とうとうチェンマイにも、個人情報について書き込む用紙が導入されていたのでした。ネットでは、しばらく前から話題になっていたのですが、これが噂の用紙かと思いながら、わかる範囲で書き込みました。とはいえ、何の準備もしていなかったので、英語だけの文章はわかりにくく、適当に記入欄を埋めていきました。

タイの住所などはわかるのですが、日本の住所、両親の名前、タイ人の連絡先、外国人の連絡先、乗っている車やバイクの車種、色、ナンバーなど、多岐にわたります。メールアドレスぐらいは覚えていますが、フェイスブックのアカウント、LINEのIDなどの欄があったり、銀行口座の名義、番号から、よく行く場所(例えば、クラブ、レストラン、ショップ、病院など)までありました。

2016-06-28 08.47.49

今日は10番目で、8時50分から受け付けが始まり、9時15分ぐらいには終わりました。どこまで書こうかと悩んだ個人情報の用紙は、確認されることもなく机の下の箱に放り込まれました。前回の届出用紙のバーコードを読み込むと、私の住所などが画面に出てくるようで、住所や電話番号などを確認していました。

イミグレの係官に聞いたところ、この個人情報の用紙は、今週から配布し始めたばかりだということで、今のところ全てに記入しなくても大丈夫なようです。もしかしたら、箱の中に放り込まれた用紙は、外部業者に委託して情報を入力し、バーコードと対応させて外国人管理のためデーターベースを作るのかもしれません。写真を貼るスペースもありますが、今のところはなくても全然問題ありませんでした。

今回、並んでいる人が少なかったのは、この時期、本国へ帰国している外国人が多いからでしょうか。今朝の感じだったら、朝9時とか10時に行っても楽勝だったと思います。朝6時から並んだ感触だと、噂の「有料の並び屋さん」らしい人は見かけませんでした。

さて、この個人情報の用紙、強制なのか?、任意なのか?、どこまで書くべきなのか、悩むところです。現場の係官には、その内容をチェックしたりインタビューする時間はなさそうで、まあ、上層部の指示や方針に従っているのでしょう。すべての欄に真面目に書き込んでしまうと、かなりの個人情報になり、その取扱いが気になります。これらの外国人の個人情報が、外部に漏れて悪用されないか、めちゃめちゃ心配です。
関連記事

| 手続き関連 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/862-7968ddde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT