やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイの郵便って

4月中旬、ちょっと用事で大切な書類を日本へ送らないといけないことがありました。そこで、EMS(Express Mail Service,国際スピード郵便)を利用しました。以前から、EMSを使うと料金が高いというのは知っていたのですが、速くて確実、13桁の問い合せ番号からネットで配達状況を追跡することもできるので、迷わず選びました。中身はA4の書類だったのですが、クリップやビニールのファイルは同封ダメ、ホッチキスの針はOKと言われ、郵便局のカウンターで封をしていた封筒を開けて取り出しました。そして、料金を払う段になって、「え、ちょっと高くない~?」と思いながらも、その場では普通に支払って郵便局を後にしました。

その後、わかったことなのですが、今年の1月からタイ発のEMS料金が値上がりしていたそうです。A4の書類10枚で680バーツでしたが、これは本来850バーツからのディスカウント価格です。なぜにディスカウントかと思えば、値上げ幅が大き過ぎてあまりにも評判が悪いので、それを解消するための苦肉の策のようです。

4月下旬にもまた同じように書類を日本へ送ることになったので、今度は最重要な書類だけEMSにして、もう二つの書類は郵便書留「จดหมายลงทะเบียน」にしてみました。その結果が以下の通りです。

■ EMS 
  ・日本に届くまでの日数…7日間
  ・料金(1回目が98g、2回目が144g)…850Bがディスカウントで680B 

■ 郵便書留
  ・日本に届くまでの日数…10日間
  ・料金…22gで24B+書留料金が65B=89B
       72gで49B+書留料金が65B=114B

ちなみに、どちらのサービスにも問合せがあるので、配達状況の確認ができます。それに寄ると、スワンナプーム空港ぐらいまでは同じように進んでいたのですが、日本へ行くときに数日の差が開きました。でも、今回の場合は、チェンマイから日本へ届くまでの差は3日間、どちらも追跡ができるけれども、料金面では約5倍から6倍もの開きがありました。

日本からチェンマイにEMSで送られてきた書類は、専用の厚紙の封筒に入れられ、確か1,000円を切っていたと思います。タイから送るときは、やたらと大きいビニールの封筒に入れてくれますが、これがイマイチ頼りないんですよ。それからEMSの場合は、専用の送り状に宛先などを書かなければなりませんが、書留の場合は、事前に家で封筒に書いた住所がそのまま使われます。

今回の一連の結果を踏まえて、私的に結論に達しました。1日でも急ぐケースは、たとえ高くてもEMSを利用、確実に着けばいいというケースの場合は、迷わず郵便書留にしよう!ということです。
関連記事

| やっぱ気になる | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/850-b5d54283

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。