やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱり子象やねん

ちょっと前の話になりますが、ゴールデンウィークの前半、日本人の知り合い夫妻がチェンマイに遊びに来ました。ちょうど私の日程も空いていたので、あちこちに一緒に遊びに行きました。

リクエストの中に「象に乗る」というのがありました。チェンマイ周辺で象に乗れる施設はいくつかあるのですが、環境、料金などを考慮して、あまり日本人観光客が行かない、メーウィン川沿いに行きました。

日本人観光客はほとんど行かないのですが、欧米人の混載ツアー、最近は中国、韓国系の観光客グループもよく見かけます。ここの象乗り施設、料金は安いのですが、事前の予約ができません。建前上は先着順となっていますが、それでも毎日にのようにツアーを連れて来るワゴン車、ガイドさんが優先される傾向があります。今回は、2人だけだったので、少し待って、1頭だけツアーグループの間に入れてもらいました。

CIMG3506.jpg

私はここで象に乗ったことがないので、聞いた話になりますが、コースは山あり、上り下りあり、川ありの、まあまあ変化に富んだコースだそうです。

CIMG3504.jpg

象使いさんの暮す家と比べると、その大きさがよくわかります。

CIMG3513.jpg

ここにも子象がいました。

CIMG3508.jpg

観光客を乗せる母象の横について歩いています。

CIMG3516.jpg

どうも実の母象の他に、育ての母象がいるそうです。本当の母象が象乗りコースに出ている時は、もう1頭の育ての母象と一緒で、2頭のメス象に育てられていました。

メーウィン川沿いには、何ヶ所か象に乗れる場所がありますが、どこも象によるショーはなく、象の数もそれ程多くはなく、ほとんどが小規模経営です。この場所も去年に比べて、象の数が減っていました。話によると、最近は欧米の観光客を中心に「象使い体験」のプログラムが増え、エサをやったり、水浴びをしたり、乗り方を学んだりというコースに人気があるそうです。観光客を乗せて、1日に何週もコースを回るより、そちらのプログラムの方が楽だということで、象使いさんと一緒に象もそういった施設に移ってしまったそうです。

帰りに別の場所に寄ってみましたが、ここは毎日ツアーを受けれいれているので、午前中は飛び込みで乗ることはほとんで無理です。ただ、象を見たり、エサをやったり、触れ合うことはできます。

CIMG3517.jpg

ここにも母象と一緒の子象がいました。ちょうど母乳を飲んでいました。

CIMG3521.jpg

身体は大きくて体重は重いのですが、まだまだ遊びたい盛りです。この子象、鼻を使って私のサンダルのマジックテープをはがそうと遊んでいました。サンダルなので、結構しっかりくっついているのですが、根気よくバリバリとマジックテープがはがれるまで集中していました。当然、私もお付き合いしました。

CIMG3520.jpg  

こっちの子象は、去年に見たことのある象だったんですが、額にあった模様はなくなっていました。それでもかわいいです。

いやー、象自体かわいいけど、やっぱり子象のかわいさは、ハンパじゃないですね。それに直に触れるっていうのはたまりません。産毛でもチクチクですよ。
関連記事

| 生きているもの | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/825-2891f396

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT