やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社長さんの納豆

今月4月3日、珍しく私のブログにコメントが届いていました。自分で言うのも何ですが、あまり多くの人には読まれていないブログ、ましてやコメントが届くのはものすごく稀なことです。

そのコメント、自分でも忘れていたような昔の記事に対するものでした。(非公開コメントです)そしてコメントの内容を読んで、あ!、これってネットにニュースで出ていて、フェイスブックでもシェアしたあれじゃない、というのが始まりでした。

正直な話、「納豆」で検索して、営業の人が送って来たのかな?ぐらいに思いながらも、関心はあったので、「チェンマイのどこで買えますか?」というお返事を出しました。最初の返信の際は、まさかこの納豆のネーミングになった社長さん自らとは思ってもいませんでした。

するとすぐに返信が来たのですが、書き出しが「社長さんの納豆の社長です。」とあり、そこで初めて社長さんご本人からのメールだったことに気づきました。その返信には、まだチェンマイでは店頭販売していないが、郵送で送れますという内容で、すでに通信販売で納豆を郵送しているチェンマイの日本人もいるとのことでした。そこには、“36個 540バーツ 送料込です。(一個15バーツ)消費期限1ヶ月 実際45日でもいただけます。”とあり、価格的にはお手頃、というより日本から輸入販売されている冷凍納豆に比べて、かなり安いです。ただ、ネットで記事は読みましたが、まだ食べたこともないし、ましてや一度に36個も届いた日には、どうしたもんだろう?それにソンクラーン期間中は、連れ合いの実家に帰省する予定だったので、ソンクラーン明けに、また注文しますというような返信を出しました。この時点では、選択肢がないなら、まあ36個を注文しようかなと考えていました。

あと気になったので、化学調味料、保存料についても質問したのですが、それはらは一切使用しておらず、タイ保健省から商品登録も取れているとのことでした。

メールのやりとりの中で、「じゃあ、サンプルとして4個ほど送りますので、味見してから決めてください!」みたいに言ってもらい、「ぜひお願いします!」という感じで、4月8日発送、もう9日の昼前にはチェンマイの自宅に届きました。EMSで届いたのですが、これに関しては社長さんからのメールを一部引用させてもらいます。
 「チェンマイへの発送は、少し変わっています。バンコクで納豆製造していますが、発酵槽から発酵途中で取り出し、郵送(EMS)中に発酵をさらに進めるという方法です。発酵は30℃以上あれば進みます。40℃が最適です。南国だからこそ使える方法です。納豆菌は強力なので、雑菌が繁殖することはありません。ただ、4日以上そのままですと過発酵して、アンモニア臭が出ます。それを美味しいと言って食べる納豆愛好家もいます。」

2015-04-08 15.42.46

さっそく小包を開けてみました。

2015-04-08 15.45.30

こんな感じで、糸もよく引いています。

2015-04-08 15.46.19

ソンクラーン前に到着したので、さっそく味見しようかなと思ったら、社長さんからのメールにこう書かれていました。

「到着しても、冷蔵庫で熟成期間が必要ですからすぐには食べないでください。6日以降が美味しくなります。それまでは大豆の味が少し残るような気がします。これをえぐみというかもしれません。」

え、お預けですか?

でも我慢できずに1パック味見してみました。
タイの納豆はたまに食べるのですが、久しぶりの日本の糸ひき納豆です。まだ熟成期間をおいていないせいか、大豆が少し硬めのような気がしましたが、最近、食べていないので、こんなものかなという感じで、おいしくいただきました。私は関西人なんですが、なぜか納豆には抵抗がなく、小さい時から普通に食べています。

そして、次男が1パック食べ、日本人の知り合いに1パック渡し、残った1パックを冷蔵庫に残したまま、連れ合いの実家にソンクラーン帰省をしてきました。

連れ合いの実家からチェンマイ市内の自宅に戻り、さっそく最後の1パックの納豆を味見しました。少し豆が柔らかくなった気がして、糸もしっかり引いていて、ネバネバが箸にまとわりつき、久しぶりにくるくると箸を回しながら食べました。味覚は個人によって差はあるでしょうが、私はおいしいと思います。

じゃあ、ぜひ注文します!と考えた時、サンプルの4パックでさえ、冷蔵庫のスペースをかなりとることを実感し、やはり36個は厳しいかなということで、とりあえず12個を送ってもらうことにしました。冷蔵庫の空きスペース、熟成期間、減り具合を見ながら今後のことを考えたいと思っています。我が家は4人家族、連れ合いがタイ人で、息子が2人。全員、納豆は食べられるのですが、日常的に食べそうなのは私と次男ぐらいなので、どのぐらいのスピードでなくなるかは未定です。この時期、次男は学期休みでずっと家にいるので、結構すぐになくなるかもしれません。

バンコクでは、この6月頃から、フジ・スーパーで店頭販売される予定だそうです。ここチェンマイ市内でも店頭で扱ってくれるスーパーやお店があれば、もっと便利に気軽に、安くておいしい本格的な納豆が食べられるようになるんですけどね。

ちなみに、
「社長さんの納豆のネーミングの由来は
社長さんでも手の出ない価格3倍の冷凍納豆
社長さんは本業で儲けてますので納豆では儲けません。」
だそうでう。
関連記事

| 食べられるもの | 23:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

チェンマイの販売先

社長さんの納豆の社長です。
プログで発信ありがとうございます。
発売から1年半が経ちました。
ご存知の通り、チェンマイで、リンピンスーパーとTopsで販売されています。引き続きご愛顧をお願いします。
タイの地方で住まわれる方々には、地方発送、事務所発送も承っています。
タイで活躍する日本人サッカー選手に納豆をサポートすることにしました。
納豆で元気をお贈りしたいという視点です。

| 小松進 | 2017/02/09 12:50 | URL |

Re: チェンマイの販売先

ご無沙汰しております。
その後も、リンピンスーパーで購入していただいています。
チェンマイの日本人社会でも、
この納豆は定着してきたのかと思います。

知人からは、タレがないからという声も聞きましたが、
うちは醤油でさっぱり食べています。

粘り、糸の引きに関しては申し分ないのですが、
たまに豆が固いように感じる時があります。
茹で方の問題、それとも発酵の進み具合の問題でしょうか。

何だかんだ言っても、いつもおいしくいただいています。

| ポーヤス | 2017/02/10 10:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/824-60a335af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT