やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たな歯科で

12月1日に急に襲ってきた歯痛。翌日から痛みが増し、2日目には頬が腫れ始め、3日目には仕方なくタイの社会保険が効く近所の総合病院の歯科へ行くことにしました。初めての歯科ということで、とりあえず痛みと腫れを何とかしてもらおうという気持ちで、本格的な治療までは考えていませんでした。というのは、私には行きつけの医師がいて、そこが1番だと思っていたからです。

結局、社会保険の適用には制限がかけられていて、ほとんで適用できないということがわかりました。ただ、たまたま見てくれて医師が、なかなか対応のいい先生だったので、ここで治療をしてみようかなという気になりました。というか、その日は、歯茎の膿を出すために詰めてある歯に穴をあけるという処置をしてくれ、薬を出してくれました。そして、次回の治療日も予約することになったので、このまま継続してここで治療することにしました。病院なので、レントゲンもデジタルですぐ横の部屋で撮影が可能だし、自宅から近いということ、それと初めての治療が全然痛くなかったのが好印象につながったのでしょう。

そして、今日、その予約日で病院へ行ってきました。腫れと痛みがひいているのを確認して、抜歯にするのか、歯の神経治療をするのかについて、説明をしてくれました。実は、その隣の歯はすでに抜歯していて、2本も抜いてしまうと隙間が大きくなってしまうので、歯の神経治療を選択しました。でも、今日はその診断だけで、実際の神経治療は10日後に再予約をとることになり、結局今日は、先日膿を出すために明けた穴を仮に詰めてもらいました。今日は100バーツだけで済みました。

歯の神経治療、治療費は社会保険の適用外なので、全額負担になりますが、まあ、私の知っているところよりも安いぐらいです。行きつけの先生、普段は別の病院に勤務していて、夕方だけクリニックを開くのですが、会議や出張で休みにすることも多いので、継続して数回にわたる歯の神経治療は、最近ではやってくれないそうです。

次回は約10日後の予約ですが、治療に1時間半ぐらいかかるそうです。今度の先生は痛くないとは言っていましたが、どうでしょうか?それにしても、歳をとるごとに歯がもろくなってきました。歯痛になり治療後は、もう二度とあの痛みは味わいたくないと、気をつけるのですが、喉元過ぎるとまた手を抜いて、同じことの繰り返しです。今回は、ものすごく腫れたのですが、たまたま外の仕事が入ってなかったので、ゆっくり薬で腫れをとることができました。これに懲りて、甘いものを減らし、歯のケアにも気合を入れたいと思います。
関連記事

| 健康なこと | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/806-c03556ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT