やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

卒業式

タイ人の連れ合いの親戚の息子さんが、卒業式だというので、連れ合いのお抱え運転手として同行してきました。空港の交差点近く、チェンマイ総領事館に隣接した小さな私立大学で、この日も卒業生は約400人前後だったようです。チェンマイ大やラージャパット大のように、大学周辺でも目立った交通渋滞もありませんでした。

チェンマイ空港へ行く際に、よく目にするのですが、滅多にキャンパス内に入ることはありません。昔、総領事館に手続きに行って、コピーを取るのに歩いて来たことがあるぐらいです。向かいのエアポートプラザに車を停めて、道を横断して大学へ向かいました。

2014-11-13 13.34.14

さっそく歩道脇には、屋台が並び卒業生へのプレゼントが売られています。

2014-11-13 13.34.26

ドラえもん。

2014-11-13 13.36.41

一つ100バーツ、でもこれをもらって大学生はうれしいのでしょうか?

2014-11-13 13.36.01

連れ合いは、こんなブーケを買っていました。造花ですが、よく見ると20バーツ札で折ってあります。

2014-11-13 13.36.06

国王の肖像画、こんなことになっています。タイではよくあるパターンで、お祝いの際に、お札を折って花にして送ったりします。

2014-11-13 13.49.08

どこかの保護者の方も、プレゼントを片手に、今日は巻きスカートで伝統的な服で正装してきたようです。さて、誰をまっているんでしょうか。

2014-11-13 14.09.01

決して広くはないキャンパス内ですが、それぞれの学科毎に写真撮影のためにセットが組まれています。そこで、みんな記念撮影です。

2014-11-13 13.53.58

学科ごとに襟のラインの色が違うそうですが、みんな貸衣装のガウンを着ています。

2014-11-13 14.30.57

そして学科の後輩たちが祝ってくれるのですが、これをタイ語で「บูม」(ブーム,Boom)と言うそうです。祝ってもらった卒業生は、カンパ箱のようなものにご祝儀を入れるシステムになっているようです。

それにしもて、この日は天気も良くて暑かった。ガウンを着てあちこちで記念撮影をしている学生たちも、さぞかし暑かったことでしょうが、1生に何度もあるわけでもなく、何より本人以上に保護者、親戚が喜んでいるように見えました。
関連記事

| なんでも風物詩 | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/796-0a869ec0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT