やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モーラム

先週のことですが、久しぶりに東北タイの街、コンケーンへ行く機会がありました。夜は賑わうตลาดต้นตาล(トンターン・マーケット)で夕食をとりましたが、東北タイと言えば、本場のソムタムです。何年か前にコンケーンを訪れた際には、こんなマーケットはなく、中には美術館までありました。タイ人の知り合いに聞いた話だと、東北の地方都市にも大手デパートが進出してきて、地元のショッピングセンターは客を奪われたのですが、幸いに広い土地があったので、そこを生かして大きな駐車場を備えたレストラン(屋台)街を整備したそうです。今では、日が暮れると大手デパートより、このマーケットの方が賑わっているそうです。

さて、今回はหมอลำ(モーラム)の大きな楽団の楽屋裏を見学に行くことができました。

2014-09-03 13.42.09

今は雨季なので、今年の出し物の練習や衣装の手入れをしていました。今月末から巡回公演が封切られます。コンケーン周辺で1晩25万バーツから30万バーツの費用がかかるそうです。夕方から始まった公演は、コンサート、お笑い、劇といくつかの構成になっており、朝方6時まで続きます。一つのステージで200人以上の人が関わっており、この楽団ではステージや機材運搬用に大きなトラックが17台、出演者、ダンサー用に大型バスが4台もありました。楽団員は泊まり込みで共同生活をし、飲酒や賭け事、団員同士の色恋沙汰も禁止で、喧嘩をした者は追い出されるとの厳しい規律があるとのことでした。これから雨季が明け、寒季に入れば、毎日、場所を変えながら移動しながらの公演がずっと続きます。

2014-09-03 13.24.16

ダンサーの人はこれを肩にかけ踊るのですが、重さは約2kgとそれ程重くは感じないそうで、後ろにバッテリーがセットでき電飾も光るそうです。この雨季の時期に、衣装の手入れをするのですが、毎年、公演内容を変えるそうで、衣装もすべて変更するとのことでした。

鉄製の足場とコンパネで組み立てられた大きなステージに上ってみましたが、高さもあり、気持ちのいいものでした。こういうステージでダンサーしていたら、もっと違った人生があったのかなと、練習曲に合わせて少し体を動かしてみました。

自宅に戻ってからネットで調べてみると、去年の公演の動画が見つかりました。すごくど派手なステージですが、これを生で見たら、きっと圧倒されるだろうなと思います。いつか機会があったら、ぜひ生で見てみたいものです。
関連記事

| タイってこんなとこ | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/787-1c90961f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT