やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイの素麺?みたい

この土曜日にも、サンカンペーンの子どもの家へ行ってきました。今回も私は運転手兼荷物運びですが、連れ合いも昼ご飯をつくるというより、ほとんどを市場で買っていきました。今回のメニューは、カノムチーン「ขนมจีน」です。

市場で買って持って行くだけなら、簡単なことのように感じますが、ところがどっこいです。連れ合いが、近所の人からチェンマイ門市場の奥にあるカノムチーン屋さんがおいしい、と聞きつけ、まずは事前に市場へ下見に行きました。そこで交渉をして、これこれこーうで、あれこれあーなので、土曜日の9時半に取りに来るから準備してもらえることになりました。その店にとっては、初めての客であり、まだ信用もないので、こちらから申し出て前金で全額を払っておきました。自分たちが食べる分も何食分か買って帰り、まずは私も家で味見をしてみました。でも、私にはここのが他の店よりどうおいしいのか、比較のしようがなくわかりませんが、タイ人の連れ合いがおいしいというなら、そうなのでしょう。

土曜日の約束の時間に訪れると、頼んでおいた分を準備してくれてありました。さっそく私の出番で、別々のビニール袋に分けられた麺とスープをピックアップ車まで運びます。連れ合いの話だと、子どもたちに持って行くと話したこともあり、野菜もサービスしてくれ、スープの出汁をとった骨付き豚肉の大きな塊もたくさん入れてくれたそうです。以前に、他の市場の店で買っていったこともあるのですが、そこに比べたら、ここのお店は安くて、おいしくて、気前もいいそうです。

2014-07-05 09.39.42

ついでに、市場でケープムー「แคบหมู」(豚の皮のから揚げ)も買っていきました。

出来合いの料理を買っていったとはいえ、野菜を刻んだり、盛りつけたりと、それなりに準備が必要になります。連れ合いが到着すると、女の子たちが集まって来て、あれこれ分担して準備をします。

2014-07-05 11.12.35

野菜でも刻んでいるんでしょうか。何もそんなところでしなくてもと思うのは、日本人のおじさんぐらいで、マイペンライです。

2014-07-05 11.14.46

麺や薬味をのせるために、施設内にあるバナナの葉を切ってきてお皿にします。

2014-07-05 11.57.31

刻みキャベツ、生もやし、高菜漬け、長ササゲ、クラティン「กระถิน」(木の新芽)が大きな盆に盛られ、その横には市場で買ってきたケープムーが置かれました。

2014-07-05 12.07.50

食べ始めてから思い出して写真を撮ったので、半分ぐらい無くなっていますが、これがカノムチーンと呼ばれる麺です。エーク先生が、前回食べた日本の素麺に似ているな、と言っていましたが、そう言われればそうですね。

2014-07-05 11.57.24

これが今回のお昼のメニュー、カノムチーンです。スープは、私には辛めでしたが、子どもたちは全然平気だったようです。エーク先生曰く、おしゃべりもせずに静かに食べている時は、おいしい!という証拠だそうです。

2014-07-05 12.07.57

子どもたちが集まって食べています。というのは、真ん中にケープムーがあるので、みんな手の届くところに集まって仲良く食べていました。

2014-07-05 12.23.25

店の女主人が、たくさん出汁用の豚骨を入れてくれたので、子どもたちが肉を削いで食べた後は、子どもの家にいる犬のごちそうとなります。でも、今回は骨の塊が大きかったのか、犬たちも噛み砕くのに一苦労していました。

2014-07-05 11.27.24

昼食の準備を終え、ハンモックでふざける子どもたちです。

2014-07-05 11.13.04

こういう風景を見ると、お父さんの肩たたきをしている娘のように見えます。エーク先生は、土曜日でもパソコンを使って書類作成などの仕事をしているので、肩が凝るのでしょう。それに引き換え、我が家の息子たち、きっと頼んでも肩たたきなんてしてくれないでしょう。

この日は、私もアレルギー性の鼻水で、昼食後にお菓子を配ってから、早々に引き揚げました。連れ合いが昼食の準備をしている間に私がしたことと言えば、竹ぼうきの柄を1本修理したくらいなんですが、多分、あまり長くは使えないでしょう。

さて、次回は子ども達と一緒に、何を食べましょうか?。連れ合いのみぞ知る!
関連記事

| これもボランティア | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/780-e96a3b6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT