やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大きな家族

連れ合いに向かって、「最近、子供の家へ行ってないね!今度の日曜日とかどう?」と問いかけるところから始まります。私の仕事や用事との兼ね合い、最近は体調とかもありますが、あと、最近は、日本人女性のボランティアが行く日に、できるだけ合わせるようにしています。

連れ合いのOKが出ると、昼ごはんは何がいいかな~と、メニューの話になります。基本的には連れ合いが考えれるのですが、私も意見を求められるので、それなりに答えておきます。基本、私は運転手、実際に料理をするのは連れ合いなので、そちらの都合を優先します。

今回は、前日から豚肉を買ってきて、下ごしらえ何か味をつけていました。そして当日の朝には、子供の家で揚げやすいようにと、自宅で軽く火を通しておきます。また、自宅から中華ナベの用具やケチャップ、マヨネーズなどの調味料も持って行きます

その後、朝から近所の常設市場へ買い出しに行きます。野菜であったり、卵であったり、そうそう、今回は3時のおやつ用にとルアムミットというタイのお菓子も買いました。このお菓子、いろいろなモノが入っているので、自分で作るとなると結構大変なので、まあ、出来合いを買っていくことになりました。

今年の子供の家は、中学生が卒業して家を出たり、いろいろあって、スタッフ1名、子供たち8名でのスタートです。以前に比べると人数も少ないので、買い出しも、料理するのも楽になりました。

2014-06-08 11.42.09

2014-06-08 11.41.55

子供の家に到着すると、子供たちは車の荷物を運ぶのを手伝いに来てくれます。後は、連れ合いがあれこれ指示をしながら、数人の子供たちと一緒に昼ごはんつくりが始まります。その間、運転手の私は、久しぶりに来る子供の家の畑を覗きに行ったり、日本人女性ボランティアの息子さんに遊んでもらって、のんびり過ごします。そして昼ごはんができると、子供たちと一緒に食べるという感じです。

「どれどれ、よっこらしょっと。」
2014-06-08 11.23.37

「あれあれ。」
2014-06-08 11.23.39

「よっしゃ~、座れたぞ!」
2014-06-08 11.23.41

午後は、日本人女性ボランティアの方と、今回はバティックをやっている日本人男性も来られて、子供たちと一緒に手すきの紙にバティックの活動をしていました。私は写真を撮ったり、子供たちの絵を眺めるだけで、活動には参加せず、どこかの用務員さんのように、施設の中をあれこれ見て回ります。もう一人、子供の里親をされている在チェンマイの日本人の方も来られていたので、その方と一緒に、電動糸ノコが使えるかチェックしたりして、午後を過ごしました。

2014-06-08 14.03.12

2014-06-08 14.03.06

3時になると、買ってきたタイのお菓子をみんなで食べます。それから一息ついてから、私たちは自宅へ帰ることになります。今回、昼食用に揚げた豚肉、少し残ったので、夕食にまわすとの話でした。

子供たちの人数が減ったこと、みんな何年かここで暮らしているので、本当に施設というより大きな家族という感じで、私たち自身も知り合いの家へ遊びに来たような感じで、とてもホッとします。また、お邪魔させてもらおうかな、という気持ちにさせてくれます。
関連記事

| これもボランティア | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/776-41cdce3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT