やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年のライチ

先日買った10Kgのライチも、お裾分けと家族で食べて、すっかりなくなってしまいました。さて、また食べたくなってきたのですが、今年のライチは豊作で値崩れしているとの話もありますが、どうなんでしょうか。

----------------------------------------
チェンマイ県農業事務所より、今年の県内のライチの作況に関して発表があった。
現在、県内では52,000ライ(1ライ=1,600㎡)以上でライチが栽培されており、今年の予想収量は33,000トンが見込まれている。県内の18郡で栽培されているが、その中で最も多いのは25,000ライのファーン郡、続いてチャイプラカーン郡が10,000ライ弱、メーアーイ郡は9,500ライと続く。
最も人気のある栽培品種は、ジャカパット(皇帝)「จักรพรรดิ」という品種で全体の約61%、35,000ライにのぼり、次いでホンフアイ「ฮงฮวย」が約34%、19,000ライ、そしてその他の品種が2,800ライという内訳。
ライチが1番多く出回るのは5月下旬ごろで、県農業事務所では県内にある39ヶ所のライチ買取所を調べたところ、やはり出始めの頃は高い値段で取引され、その中でもジャカパット種は値段が高い。ライチの消費を増やすために、マスコミやイベントなどで、「チェンマイ産のライチは素晴らしい!!」と広報にも力を入れている。

現在、いろいろな市場でライチが販売されているが、ホンフアイの生産者価格は、AA等級で20バーツ/Kg、A等級で18バーツ/Kg、B等級で14バーツ/Kgで取引されている。(※当然、市場ではこれより少し高くなる) ジャカパット種のライチは、これから出荷が増えていくが、値段はこれよりも高くなる。
                               <※ネット記事より抄訳>
----------------------------------------

2014-05-20 10.32.34

2010年5月頃に比べると、栽培面積、収穫量もかなり増えていますね。でも、値段的にはそんなに値上がりはしていないようです。
関連記事

| 食べられるもの | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/775-8464b242

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT