やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

村人総出で結婚式

先日、バンコク・シャットダウンと同じ日、連れ合いの村で隣家の娘さんの結婚式があり、前日から泊まり込みで帰省して来ました。

新婦は、中学生ぐらいの頃から知っているので、私もお祝いに行こうという気持ちもありましたが、連れ合いの運転手という方が大事な役割です。

連れ合いの実家は、結婚式に来る人の料理をつくるため、ガス台や大鍋が持ち込まれ調理場になっていました。
また、新郎側の親戚が何人も雑魚寝で泊まっており、実家は、すっかり結婚式にとってなくてはならない場所になっていました。

2014-01-13 13.04.43

新郎が新婦の家に入る前の伝統的な儀式です。

2014-01-13 13.12.24

親戚や村の人から、手首に紐を巻いてもらい祝福を受けます。

こういう村のお祝い事には必ず豚肉を使ったラープが出ます。最近は、グリコのプリッツにも「ラープ」味があるぐらいです。豚肉をミンチにするのは男衆の仕事で、時にはアルコールを入れながら、ほろ酔いでトントンと肉を細かくしていきます。

では、写真でラープができるまでをご覧ください。

2014-01-12 18.43.35

2014-01-13 08.48.25

2014-01-13 08.45.13

2014-01-13 08.48.40

2014-01-13 10.26.07

2014-01-13 10.21.06

2014-01-13 12.11.57

2014-01-13 12.11.47

ほとんどの人は生ラープ、生の豚肉が好きですが、私は念のため、一度火を通したものを食べていました。

この他にも、村の多くの人が協力して、もち米を蒸したり、お菓子を作ったりと台所裏は大忙しでした。今でも隣近所、村の人が集まって結婚式を挙げるというのは、いいものです。連れ合いの実家でやった、自分の時の結婚式を思い出しました。将来、息子が結婚する時は、どこでやることになるんだろうな、村がいいけど、やはりチェンマイ市内の今の家かな、と親父は一人で思い巡らしていました。
関連記事

| タイってこんなとこ | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/761-84385d47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT