やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

危ないところだった

最近、クラッチを踏むと異音がするのと、サイドブレーキが甘くなってきたのと、しばらく点検をしていなかったので、トヨタの整備センターにピックアップ車を持ち込んで点検して来ました。今日は予約をしていなかったので、8時半過ぎに持ち込み13時半に受取りの予定が、いろいろあって結局終わったのは15時近くになってしまいました。

最初の受付の際に、スタッフと「整備センターで検査をするのは久しぶりで、以前、ちょっと嫌なことがあったので、それ以来しばらく来てなかったんですよ。」などと話していました。

13時半を過ぎ、先に料金を支払い、あとは無料の洗車が終わるのを待つだけでした。きれいになった車を見ながら、まず自分でタイヤのホイールカバーの点検をしました。それは、以前に問題があったからです。

普通、一般の人はそんなところまで細かくチェックしないでしょうが、その場で点検しておかないと、たとえ問題が見つかって、後からいくら言っても責任を取らないという、過去の教訓があったからです。まあ大丈夫だろうと思って何気なく触っていたら、一つだけしっかりはまっていないのがあったので、スタッフに言って外してもらいました。写真は撮り忘れたのですが、固定するツメの一つが折れ曲がって潰れていました。その点をスタッフに指摘すると、「これはどこか外部でやった、昔のものでしょう。」と言い訳から始まりました。今回は2回目です。前回のこともあり、スタッフの前で見つけたので、「もしすでに壊れていたとしても、どうしてそれを車の所有者に連絡せず、そのまま何事もなかったようにはめて、黙っているのか?」走行中に外れる危険性もあるのに、適当にはめていることが信じられません。素人の私が触っただけでわかったのに、どうして整備士が気がつかなかったのか、またはめる時点で異常に気づくはずなのに、どうしてそれを黙っていたのか、プロ意識に欠けるというのか、いい加減というか、3年前から何も改善されていないと言われても仕方ありません。

マネージャーらしき人が出てきて、こちらで責任を取りますと言ったのですが、しばらくして連れて行かれると同じカバーがはめられていました。スタッフに言って再び外してもらうと、さっきのつぶれたツメを直してはめてあったのですが、当然、強度は落ちています。これには、私も憤慨し、こんな子供騙しで責任を取ったつもりかよ!なんて詰め寄ると、これは整備工が勝手にはめたもので、今、新品の在庫を調べてますと、またもや、言い訳です。

2013-12-23 15.08.43

結局、今回は整備センター側が、在庫のあった新品に無料で付け替えたので、「誰がやったんだ!」「謝れ!」などとは言わす、時間ももったいないので、それで手を打ちました。以前ある人に冗談で「クレーマー」と言われたことがありますが、おかしいことはおかしいと、筋が通らないことをマイペンライにしておくことはできません。たまたま、私はチェックして見つかったからよかったものの、一歩でもその整備センターを出て、走行中に外れて他の車に損害を与えてたとしても、結局私だけの責任になるでしょう。自分の怒りを収めるためだけではなく、私と同じような人が出ないようにという気持ちの方が強いのです。

マネージャーから名刺をもらいましたが、またしばらくは、あそこへ車を持ち込む気にはなれません。
関連記事

| やっぱ気になる | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/759-5fa60f69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT