やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新しいパスポート

11月は、タイ滞在の在留資格更新が大きな行事です。

日本へ一時帰国する前の9月に総領事館からタイ入国管理局における規則の改正のお知らせがありました。よく読むと、自分がそのケースに当てはまります。毎年11月中旬にビザの更新をするのですが、パスポートの有効期限は来年の10月中旬迄です。ということは、今年、更新手続きに行っても、パスポートの有効期限までしか更新してもらえません。

そんな事情もあり、パスポートを新しくすることにしました。

11月1日、金曜日、受け取りが13:30からとなっていたので、少し前に総領事館へ行き、無事にパスポート受取りました。1年に1回ぐらいしか日本へ帰国しないので、今回は10年間有効のパスポートにしました。

次にイミグレで古いパスポートのビザスタンプを新しいパスポートに移してもらわなければなりません。ネットで検索したところ「タイの極楽とんぼ」というブログでチェンマイのイミグレでの経験が見つかり参考になりました。

*申請書
*領事館からのレター
*古いパスポート原本
*古いパスポートのコピー
 ・顔写真のあるページ
 ・VISAのページ
 ・最新のVISA延長のページ
 ・最新の入国スタンプのページ
*出入国カードのコピー
*新しいパスポートの原本
*新しいパスポートの顔写真ページのコピー

コピーをどこでしようかと総領事館の警備のタイ人に聞くと、ビジネスセンター2階にあるが1枚10バーツだよと言われました。隣のファーイースタン大学なら安いからと聞き、バイクを駐車場に停めたまま、大学でコピーをしサインもして必要な書類はすべて揃えて勇んでイミグレへ向かいました。

ここまでは順調で、13:50にはイミグレに到着しました。バイクで行ったので、何とか駐車場も見つかりました。

「タイの極楽とんぼ」さんのブログを読んでいたので、午後からだと断られるとケースもあると想定して、どのように交渉しようかとも考えていました。受付のいつもの女性に申請の旨を伝えると、奥の方にいた女性係官から、20人以上溜まっているから、ダメダメ、出直してもらってとの声が聞こえてきました。金曜日ということもあり、かなり忙しそうでした。受付の女性に、長時間待ってもいいからと伝えるが、彼女には何の権限もなく、上の人がダメと言えばそれまで。私は遠くランパーンから来ている訳でもなく、交渉の余地なしと諦めて、そそくさと帰ることにしました。いつもは無愛想な受付の女性も、そういう訳だからとどうしようもないのよ、という感じでした。

その時点で午後2時、就業時間の4時まで、まだ2時間もあるのに、なぜスタンプの転記ぐらいできないのか、そんな能率の悪いことでは外国人を誘致できないぞ、内心そんなことを思いながら、言っても何の得にもならないと、ましてや来週には更新手続きに来なければならないので、面倒はゴメンとばかりに、早々に諦めました。

もしかしたら噂通り、縁故者や業者がまとめた分は、午後からなら預かってくれるそうなので、その分だけで手一杯だったのかもしれません。

結局、気を取り直して月曜日の早朝に出直しとなりました。いろいろな想いはありますが、ここはチェンマイ、文句を言っても始まらず、受け入れるしかありません。
関連記事

| 手続き関連 | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/749-c667a819

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT