やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポーイルアン (3)

さて、ポーイルアンでは自宅横にテントを立て、
訪問客にお酒や料理、
義母の家では、クエッティオやカーオマンカイを作り、
振る舞うのが習わしとなっています。
義母は、近隣の村の祭りに顔を出しているので、
そのお返しとばかりにたくさんの人が訪れました。

まずはお菓子としてココナッツの寒天です。
甘さはひかえめで、さっぱりとして
酔っぱらった時にはこれに限ります。

2013-04-28 07.03.23

クエッティオ用の鍋と、その隣のドラム缶みたいなのは何でしょう。

2013-04-27 15.44.21

この缶の中で豚肉を蒸し焼きにします。
油が落ちて、柔らかく焼きあがります。

2013-04-27 15.44.36

親戚のおじさんが肉を解体していきます。

2013-04-28 06.44.18

この肉片に針金をつけ、缶の中に吊り下げてフタをして火にかけます。

2013-04-28 06.44.27

村では肉がご馳走ということで、どうしても肉料理が多くなります。
タイ人は、男性も器用に料理をします。

2013-04-26 17.49.08

豚肉のミンチ、これでラープを作ります。これも男性の役割です。

2013-04-26 17.49.18

こんな風に、香辛料やハーブと一緒に混ぜ合わせます。
これは火を通していない、生タイプです。

2013-04-26 12.48.57

ミンチではなく、肉片と血を混ぜた「サー」も村人には好まれます。

2013-04-28 07.19.07

肉料理にはやはり「もち米」があいますが、
蒸し終えたら、少し湯気を切って袋に詰めます。

2013-04-28 11.45.13

「ラープ」と「サー」ともち米の食事セットができました。

2013-04-28 07.18.59

この料理はなんだと思いますか。

2013-04-29 07.27.03

赤アリの卵のスープです。何度も食べたことがあります。

2013-04-29 07.27.08

こちらは成虫、羽根つきの赤アリですが、
お腹が緑色で、見た目はあまり食欲をそそりません。

2013-04-29 07.24.18

台所では、親戚のおばさん、おじさんたちが料理をつくり、
私は写真を撮ったり、運んだり、味見するぐらいです。

あ、忘れるところでした。
残念ながら朝早くてつぶすところは見られなかったのですが、
料理になる前の豚です。

2013-04-27 15.42.49
関連記事

| なんでも風物詩 | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/732-eb191623

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT