やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

行きつけの店

チェンマイに長く暮らしていると、
用事を済ませる店というのがどうしても固定化してきます。
言い方を変えればマンネリ化ということで、
新しい発見がなかったりするのですが、
ある程度の試行錯誤に行き着いたお店なので、
そこが安心でき、不必要な苦労をしなくてもすみます。
また年をとると保守的になるというのか、守りに入るため、
冒険することよりも確実な方を選んでしまいます。

例えば、床屋などがそうです。
最近、約2ヶ月に1度の頻度で行く床屋さんは、
クーラーもあるし、洗髪の際に言えば温水を使ってくれます。
座って一言、「いつものように」で済んでしまうのが楽です。
前回、その店が数日間休みだったことがあり、
仕方なく別の店へ行ってみました。
店内は清潔で、男性の理容師も丁寧なんですが、
顔剃りが下手で、散髪の方もいまいちでした。
結局、2ヶ月を待たずして、
いつもの床屋さんに行くことになってしまいました。

食堂やレストランもそうです。
要領のわかるお店の方が、注文もしやすく楽です。
新しい店の開拓は、他人に連れられて行く時ぐらいです。
またよく通っていると顔見知りができます。
特に一人で外食の場合は、新しい店を避けますね。

クリニックや病院、歯医者は当然です。
特に歯医者は、この先生というのを決めています。
それ以外へは、行こうという気になりません。

後、お店ではないですが、
チャーターのワゴン車の運転手さんなんかも、
顔馴染みの方がいいですね。
初めての人だとこちらも緊張してしまいます。
少し時間が遅くなったりして、
面倒くさそうな顔をされたりすると、
かえってこちらが気を使ったりします。

大型スーパーの駐車場なんかも、
空いているかどうかにもよりますが、
基本的に停める場所は決まってくるものです。

こうやって行きつけの店ができ、顔馴染みができると、
それはそれなりに楽で、便利なのですが、
新しい発見や出会いが少なくなってきます。
そんな時には、どこかへ旅に出たくなるものです。
非日常が新鮮に感じられる旅、どっか行きてーなー!
関連記事

| あれこれ思う | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/695-397332b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT