やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

息子の出家

下の息子が出家しました。
息子が通っている学校の行事で、
国王誕生日を前に、希望者が出家しました。
小学6年生、中学1~3年から男子生徒84名、
教師3名が、1週間僧門に入りました。

CIMG0969.jpg

3日の午後、制服のままお寺に集まってきました。

CIMG0986.jpg

線香、ロウソク、ハスの花を持って、
両親に感謝する儀式です。
中には目を潤ませているお母さんもいました。

CIMG0993.jpg

剃髪式です。
まず僧侶がハサミを入れ、ハスの葉に毛をおきます。

CIMG1004.jpg

その後、本格的に髪の毛を剃るのですが、
まずはシャンプーを使って頭を洗います。
泡がついてないと上手く剃れないそうです。

CIMG1009.jpg

僧侶がカミソリを入れます。
出家の経験があったり、慣れた人は、
両親や親戚が剃っていました。

CIMG1108.jpg

髪の毛、眉毛を剃り、白い服に着替えます。
この日からお寺に泊まり、翌日の出家に備えます。

CIMG1026.jpg

そり落とした髪の毛は、ハスの葉と一緒に、
ピン川に流してきました。

CIMG1064.jpg

日は変わって4日です。
朝、近くの郡役所からお寺まで行進しました。
子ども達は裸足でアスファルトの上を歩きます。

CIMG1038.jpg

行進には、タイヤイ(シャン)族の参加もありました。
彼らの伝統で、馬に乗って出家するというのがあります。
どうやら、行進を盛り上げるために協力してもらったようです。

CIMG1076.jpg

真ん中の女性が、息子の通う学校の校長先生です。
国王、王妃の写真も欠かせません。

CIMG1105.jpg

行進がお寺に到着すると、タイの踊りが披露されました。

CIMG1121.jpg

仏像から白い木綿の糸をのばし、全員が糸を持ち、
バイシースークワンという儀式をします。

CIMG1130.jpg

お昼は、関係者が無料で食事を振る舞いました。
これも寄付の形の一つで、徳を積むことになります。
テントの下にはいろいろな飲み物、食べ物が用意され、
みんなビュッフェ方式で、食べ放題です。

CIMG1162.jpg

黄色い袈裟を受け取り、また両親に出家を告げ、
この後、僧侶に手伝ってもらって着替えます。

CIMG1175.jpg

着慣れない袈裟で、長く座るのが辛そうです。

CIMG1181.jpg

息子が出家すれば、両親の徳となります。
家族、親戚にとっても誇らしいことで、
あちこちで新米小僧さんと一緒に記念撮影です。

CIMG1193.jpg

小僧といえども10戒を守らなければなりません。
昼12時以降は、固形物は食べてはいけないのですが、
液体、ジュースなどは大丈夫だそうです。
黄色い袈裟を着て、屋台でジュースを買うのは誰でしょう。

CIMG1208.jpg

全員が托鉢をし、参列した家族、関係者が、
お金(コイン)や花を鉢の中に入れていきます。

正式に出家が済めば、自分の息子といえども
胸の前で手を合わせ(ワイ)なければなりません。
女性である母親も、息子に触れることはできなくなります。
今回、誰かに強制されることなく、
自分からこの行事に参加し、出家した下の子、
親としては心配な部分もあるのですが、
少しでもたくましくなってくれればと願っています。
関連記事

| 家族のこと | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/667-e891335b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT