やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スズメの口

昨夜ぐらいからどうも口の端が痛いので、
タイ人の連れ合いに見せると、
「ปากนกกระจอก」
(パーク・ノッククラジョック)と言われました。
日本語では「口角炎」と言うようです。
パーク→口、ノッククラジョック→スズメ、
どうして「スズメの口」と呼ばれるのか、
クチバシということならスズメでなくても…。

年に何回かこのような症状になることがありますが、
最近、急に気温が下がり涼しくなり、
空気が乾燥してきたからかなと、思っていました。
ネットで検索してみると、どうやら食生活が乱れている、
疲労がたまっている、ストレスなどなど、
いろいろな原因が考えられるようです。
あまり野菜や果物を食べず、
甘いお菓子ばかり食べているからでしょうか。
そこで近所の薬局でビタミンB群のサプリを買ってきました。

CIMG0908.jpg

毎朝食後に1錠飲んでくださいということで、
この容器に40錠入っています。ちなみに290バーツでした。
1錠は結構大きなカプセルです。

大きな口を開けて物が食べられないので困ってます。
いつの間にか、おちょぼ口になってしまいました。


日本では、「カラスのお灸」とも言われたようです。
スズメではなく、カラスですか。

----------------------------------------
ビタミン類が発見される以前から、この疾患が食物と関係があり、特に偏食や、食事についてのお行儀の悪い子がなりやすいと言うことが言われていた。

自然界では、死体までつついたりする雑食性のカラス(ハシブトガラス、ハシボソガラス)が最も行儀の悪い生き物とされており、人間の子どものなかで行儀の悪いのがいると、カラスが「これは俺たちの仲間だ」とくちばしで印をつけて行く。その印が口角炎とされ、子どもたちに食物を大切に扱い、行儀良く食事をするための戒めにされていた。
関連記事

| 健康なこと | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/660-2d294adf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT