やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

洪水その後

チェンマイ市内で溢れた水が下流に移動し、
サーラピー郡などに被害が移り、
うちの家も最後まで水がひきませんでした。

2日の朝になって、ようやく水もひき、
泥水に足をつけなくてすむようになりました。

少し水位が下がった時に、
車で大型スーパーへポンプを買いに行くと、
売れ行きがよく、最後の1台を買ってきました。
それにしても、自分たちが泥水にまみれているのに、
車で数十分走ったスーパーには、
人や物が溢れて、何事もないような世界があります。

今後は台風17号、19号の影響により
タイに雨を降らす可能性があるので、
次の洪水対策のためにブロックを積みました。
駐車場の出入りができなくなるので、
車は住宅街の一番高い場所に停めてあります。

P1100878.jpg

この作業で、すっかり腰と肩、腕、手首を痛めました。
途中からは親戚の若い衆に作業を続けてもらい、
何とかブロックの堤防が完成しました。

さて、ちょっと下の話になりますが、
我が家でもトイレが流れにくくなりました。
タイのトイレは、汚水タンクが埋めてある訳ではなく、
数メートル下までコンクリート製の筒が埋めてあり、
底があいていて、地下浸透型になっています。
ですので、雨が降って土が水を含むと、
汚水が地下に浸透しにくくなります。
最悪の場合は、その中に水が入ると溢れます。

では、1階部分が完全に水没したり、
トイレが使えなくなった被災者はどうするのでしょう。
ラジオを聞いていたら、「大きいのを処理する時は、
ビニール袋にいれて、しっかり口をしばってから、
水に流しましょう。」と言っていた。
そのまま流すか、ビニール袋に入れるか、
どちらも非常時といえ、最後はどこへ行くのでしょう。

ピン川を溢れ出てきた泥水、
汚水も野良犬の糞もゴミも、何もかも混じっています。
でも、いざとなったら、頭でわかっていても、
そんな泥水に素足をつけ、
水を汲み出さなければなりません。
中には喜んで泳いでいる子供がいたりもしますが。

今月の12日はオーク・パンサー(出安吾)となり、
その頃には雨季が明けてくれればいいのですが。
関連記事

| 巷の世間話 | 08:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/04 09:29 | |

私が住んでいるのは

ノーンホーイ地区です。
ノーン(湿地)、ホーイ(貝)というタイ語を見てもわかるように、
もともと湿地、窪地にできた住宅地です。
まあ、昔から洪水で有名な地域でもあります。
ターペー門界隈自体は大丈夫だと思います。
今回、ナイトバザールなどはかなり浸かりましたが、
ターペー門までは水は届かなかったようです。

| ポーヤス | 2011/10/04 21:55 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/05 14:08 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/648-92d03169

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT