やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イミグレ近況

イミグレが始まるのが8時半として、
今日はちょっと早めに7時半に家を出ました。
途中でセブンイレブンに寄って、
好物のハムチーズ・ホットサンドを買っていたら、
着いたのは7時50分近くになっていました。
この時点で、すでに駐車場は車で一杯で、
仕方なく隣に停めに行きました。

建物を入っても、前回あった整理札がなく、
また変更になったのかときょとんとしていると、
カウンターの上に紙とボールペンが置かれていました。
さっそくそこに名前を書きましたが、すでに50番目、
結局、今日だけで開店前に名前を書いた人は68人でした。
8時10分過ぎぐらいでしょうか、係官が名簿を読み上げ、
順番に手続き別に機械から出る整理券を渡してくれました。

今日は、90日間の住所届出と
再入国許可証の申請だったのですが、
先に住所届出をすることにして、
504番の整理券をもらいました。
501番から始まり、3人目ということもあり、
8時半から始まり、自分は40分頃には終わりました。
これはいい調子と続けて列に並び直し、
今度は再入国許可証、014番の整理券を受け取りました。

こちらの方は、ツーリストのビザ延長などもあるのか、
結構、待たされることになりました。
先にこちらの申請をした方が早かったかもしれません。
見ていると、以前は第2窓口に住所届出に来ていた
ミャンマー人らしき人達は、外の別棟に並んでいました。
長靴を履いたまま、申請用紙を取りに来た人もいました。

9時半を過ぎる頃から整理券を発券する
機械の前の行列はなくなり、混雑は軽減していました。
結局、9時50分頃には再入国許可証も受け取り、
約2時間で手続きを終えることができました。

待っている間、日本人のロングステイヤー、
西洋人男性とタイ人女性の家族、子供連れも目につきました。
たまたま隣に座った黄色い袈裟を着た僧侶に話しかけると、
カンボジア人で、スワンドーク寺で勉強中とのことでした。
最初は英語で答えが返ってきたのですが、
途中からタイ語であれこれと四方山話をしました。
現在、スワンドーク寺には5ヶ国から僧侶が勉強に来ていること、
日本はどうしてあんなに発展することができたのか、
去年まで日本人の女性尼僧が日本語を教えていたとか、
タイでいろいろなことを学んで、自国の若い者に伝えるのだと、
眼鏡をかけた若い僧侶は語ってくれました。
ちょうど、今日はインラック新首相がカンボジアへ行く日、
でも政治的なことには触れないようにしていたのに、
カンボジアはタイと比べて、ノー、デモクラシーとの発言に、
それは確かにそうですが、そんなこと言ってもいいのかと
こちらの方がちょっと慌ててしまいました。
カンボジア人僧侶も1年毎にビザを延長するそうです。

2011-09-15 08.44.56

この貼り紙によると、1年の更新延長などは、
午前と午後にこの人数しかしませんよと、
宣言しているのでしょう。

2011-09-15 08.22.46

その代わり、この貼り紙には、昼休みも受け付けますよと、
イミグレへ行く毎に何かが変更になってますね。

そうそう、1年ビザの更新を申請し、
1ヶ月後に結果を聞きに行きますが、
これまでは窓口にパスポートを出せばよかったのですが、
最近では整理券を取らないといけないようです。

あるイミグレ係官がタイ人と話していて、
「最近はいつも込んでいるから3階建ての新しい事務所でも…」
「それはいつ頃の話ですか?」と横から割り込むと、
「でも予算がないから無理だな~と。」の返事でした。
空港近くの土地や空いている建物を改装して、
広い駐車場と待合室を備えたイミグレができれば、
もっと便利になるんですけどね、
私がチェンマイで生きている間には、やはり無理かな。

ネーション系のタイ語のニュースに、
CLL(チェンマイ・ロングステイ・ライフ)の代表が、
長期滞在者に対する90日間の住所届出についても、
改善してほしいという旨のインタビュー記事がありました。
チェンマイに滞在するたくさんの外国人が
声を出し続けていけば、ひょっとしたら変わるかも?と、
ほのかに期待をしています。
関連記事

| 手続き関連 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/645-b0d0c610

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT