やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花を供える

日曜日の午前中、家族で市内のジェディールアン寺へ行きました。
上の息子は、日本語の勉強に通っていて、数には入っていません。
今年のインタキン柱のお祭りは、5月29日から6月4日です。

P1100335.jpg

初日の午前ということもあり、混み合う程の人出ではありませんが、
それでも近くで車の駐車場を探すのは一苦労です。

さすがに家の庭にある花は限られているので、
お寺の周辺でお供え用の花を買いました。

P1100333.jpg

P1100334.jpg

境内にはインタキン柱(街の中心の礎)の周囲など、
花をお供えする場所はたくさんあるのですが、
それらすべてにお参りをするとなると、かなり多くの数がいります。
花、線香、ロウソク、ข้าวตอก(お米のポン菓子みたい)が
お供えセットの中身になります。

信仰心によっても違うそうですが、
1週間の日数分、7セットを供える人、
「進歩する」という意味のเก้า(カオ)、9セットの人、
人間には32の魂が宿っていると信じ、32セットの人、
中には煩悩の数だけ、108セットを供える人もいるそうです。

初日ということもあり、この日は県知事も参拝されたようです。
午後からのパレードに出るため、雨を呼ぶ仏像も待機中でした。

P1100336.jpg

この中に街の中心であり、繁栄をもたらすと信じられた
インタキン柱がありますが、女性は中には入れません。
ห้ามสุภาพสตรีขื้น と書かれた張り紙があります。

P1100337.jpg

今回は写真を撮りませんでしたが、
どうも地中に御神仏となるものが埋められているようです。
一体、どんな形をしているのでしょうか。

大仏堂の内部では、僧侶に聖水でお祓いを受けたり、
煩悩の数だけ小銭を托鉢用の鉢に入れたり、
仏像に金箔を貼ったり、いろいろな寄進コーナーがありました。

P1100339.jpg

P1100340.jpg

P1100343.jpg

P1100345.jpg

何だかんだで、連れ合いに半ば押し切られる形で、
毎年、インタキン柱のお祭りの参拝は欠かさずにいます。


私の誕生日の曜日、金曜日の仏像です。
各曜日によってお釈迦様のポーズが違うのですが、
自分の誕生日のこのポーズだけは覚えています。
ここにもお賽銭を置いてきました。

P1100346.jpg
関連記事

| チェンマイって | 08:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/611-053a4ec6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT