やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナイトバザール再生?

毎日のように雨が降り、特に夕方からのスコールは、
ナイトバザールで商売をしている人たちにとって、
客足に影響もあり、気にかかるところでしょう。
ただ、たとえ天気がよくても、
週末になれば、多くの人が歩行者天国へ出かけ、
ナイトバザールは人手も少なくなり、
閉めている店もあり、賑わいのない雰囲気です。

ネットでナイトバザールのニュースを見かけたので、
ざっと簡単に訳してみました。

----------------------------------------
D2ホテルとロイヤルプリンセスホテルのマネージャーであるスカンヤー女史は、現在のウアラーイ通りやターペー通りと同じように、ナイトバザールを文化的な歩行者天国にするよう、チェンマイ県として取り組んでほしいと申し出る。

ナイトバザールは市内にも近く、長年の歴史があり、そこが毎日、歩行者天国になれば、県としても観光のセールスポイントになる。

現在、多くの観光客は週末にウアラーイ通りやターペー通りの歩行者天国へ出かけるにようになった。10年程昔であれば、観光客は誰もが、チェンマイに来ればまずナイトバザールを思い浮かべたものだ。またそこで売られている物も、ハンディクラフトだけではなく、ブランド商品も売られている。最近、外国人観光客の多くは、チェンマイに残るラーンナー文化を目当てに観光に訪れており、ナイトバザール自体も過去とは状況が異なってきている。

今月23日、チェンマイ市役所は、ナイトバザールで商売をする850人を集めて会議を開く予定である。交通面、屋台の整備、外国人労働者問題などをはじめ、今よりナイトバザールを改善するためにアイデアを持ち寄よるのが目的である。また1ヶ月に2日間の休みを設ける、販売時間を17:00~24:00とするなどの議題についても話し合われるだろう。
----------------------------------------

この記事に対して、読者からの書き込みを読んでみると、
ナイトバザールは、値段が高い、コピー商品ばかり、
商人の態度や言葉遣いが悪い、同じような商品ばかり、
などと手厳しい意見が多く見られます。
今度の総選挙でタクシン元首相の妹が首相になれば、
チェンマイの開発が進むとか、
早く何か手を打たないと、チャーン・ビール社が
ナイトバザール一帯を支配するとの意見もあります。
ワゴン車の屋台で商売している人は、
場所の権利を持っている人に又借りしたり、
雇われて売り子をしているだけで、
ほとんどタイ人はいないという書き込みまであります。

最近では、ナイトバザール近くのホテルで、
ニュージーランド人の女性、イギリス人夫婦、
タイ人の女性ガイドが謎の死をとげた事件もあり、
ナイトバザールのイメージも良くないのでしょう。

週末の歩行者天国は、安くて手作りの物があったり、
あと気軽に買い食いができるのも魅力ですが、
何せ人が多くて、駐車場を探すのが一苦労です。
ナイトバザール周辺の電線も地下に埋設されてたのに、
相変わらず歩きにくい歩道を何とかしてほしいです。
ナイトバザールは、このまま衰退してしまうのか、
それとも変わることができるのか、今後が楽しみです。
関連記事

| チェンマイって | 16:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/606-d089f94f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT