やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

事件の真相は

どうしてそれだけの理由で、そこまで残忍になれるのか、
実はもっと別の理由があったのか、
それとも以前に何か揉め事があったのか。

20日夕方、チェンマイ市内にある大型スーパーの
ロータス・カムティアン支店近くの三叉路にて、
車とバイクの接触事故に端を発して暴行事件が起こった。

被害者は23才のエンジニアで、バイクに乗って帰宅途中、
直前を横切ったピックアップ車と接触したが、
その車はそのまま当て逃げした。
現場となった三叉路に差しかかったとき、
赤信号待ちをしているその車を発見し、両者で口論になった。

その際、腹を立てた車を運転していた男性が、
携帯電話で仲間を呼びつけ、4人で一人に暴行を加えた。
野球用のバットやナイフを使用し袋叩き状態であった。
偶然、現場近くに居合わせた人がビデオを撮影しており、
犯行の一部始終や加害者の車のナンバーも映っていた。
被害者は頭皮に裂傷、頭蓋骨にヒビ、鼓膜破裂の重傷で、
スワンドーク病院のICUに運ばれた。



撮影された動画から車のナンバーをもとに所有者を割り出し、
22日には、ピクアップ車を運転してた犯人が、
チャーンプアック警察署に軍人に付き添われ出頭してきた。
容疑者は29才の軍人で階級は陸軍大尉、
警察は傷害容疑で取り調べ、その後一時保釈される。
容疑者は、ついカッとして犯行におよんだと認めている、
また一方では、ビデオの撮影は仕組まれたもので、
その前に自分も相手側から暴行を受けたと証言している、
という報道もあり、まだ事実関係は明らかになっていない。

すでに警察署長と一緒に病院に被害者を見舞い、
過失を認め、すべての損害を賠償すると言い、
家族に対して謝罪をしている。
しかし被害者の家族は、示談で済ませるのではなく、
法律に従い警察に捜査を委ねると応えている。

動画に映っていた残り3名はまだ自首していないが、
名前は判明しており、ナイフを持っていた父親、
チェンマイの私立病院の医師である兄、そして弟である。
被害者はまだ脳内出血が見られるが、
危険な状態は脱し、ICUを出て個室に移っているそうだ。

夕方、車の往来の多い場所での犯行、
また4人が父親と兄弟、それも軍人と医師が含まれており、
インターネット上ではこの事件に対して、
様々な意見が飛び交っている。

どんな家族なんだ。父親が止めずにナイフで刺すとは。
軍人なので、結局は誰も逮捕されることなく済んでしまうだろう。
医師の免許を剥奪するべきだ。どこの病院なんだ?などなど。
ほとんどの意見は、凶器を使って暴行を加えた4人に対して、
法に基づき警察が厳罰に処すべきだというものだ。

それにしても接触事故で口論になっただけで、
ここまでするだろうかという疑問を投げかける人もいる。
口論の際に家族や一族を汚い言葉で罵られたか、
或いは、過去にも何かいざこざがあったのではないか。
自首した軍人も左目が青あざになっていて、
相手側数名に暴行を受けたと主張している。

車やバイクを自ら運転する者としては、
まったくの他人事ではなく、いつ巻き込まれるかもしれない。
それにしても物騒な世の中になったものだ。

金銭や権力での示談やうやむやにせず、、
事実関係を明らかにし、公正な処罰が下されることを願う。
関連記事

| 巷の世間話 | 18:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/04/23 23:11 | |

ご無沙汰してます。

お元気ですか。
ツイッター、さっそくフォローしておきました。
こっちでも、震災、原発関連のニュースは、
気になってフォローしてます。

| ポーヤス | 2011/04/24 10:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/594-ea76acb8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT