やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本の豆乳

日本の豆乳「น้ำเต้าหู้ญี่ปุ่น」の看板を掲げて、
行列のできるお店として一躍有名になった豆乳屋さん。
チェンマイ門の近くにあったのですが、
最近、自宅の近くの89プラザに2号店ができました。
と言ってもこちらも真新しい屋台です。
近くに駐車場があるのと、近所ということで、
ものは試しに並んで買うことにしました。

20101211438.jpg

お隣のランプーン県へ向かう旧街道、大木の並木通りですが、
ノーンホーイ交差点から少しのところに89プラザがあります。
ここにはセブンイレブン、ロータス・エクスプレスがあり、
他にも知る人ぞ知る、日本食の大和があったりします。
それ以外にもいろいろなお店が出店しては潰れていきます。
割と最近オープンした道沿いのパン屋は、
最初は流行っていたのですが、今は風前の灯火のようです。

普段なら並んでまで何かを買うことはないのですが、
集団心理というのか、試したくなるのが人情です。
初日は4時過ぎに開店していたのですが、
8時過ぎに寄ったらすでに豆乳は売り切れでした。
日を改めて6時前に行くと、すでに人が並んでおり、
店側も想定済みで、ここに並んでくださいという看板あり。

20101211442.jpg

豆乳は並ばなくてもいいのですが、
「ปาท่องโก๋」(パートンコー)揚げパンは間にあわず、
揚がるのを待つ行列ができていました。

20101211441.jpg

豆乳は1袋5バーツ、
中に穀物類(銀杏、なつめ、タピオカ、豆など)が入った
「น้ำเต้าหู้ทรงเครื่อง」(ナームトーフー・ソンクルアン)は
1袋10バーツと、値段は、普通並です。
味は、もっと濃厚かと想像していたのですが、これも普通です。
近所のアーマーも大したことないと言っていました。
個人的に一番お気に入りの豆乳は、
アヌサーン通りで中国人老夫婦が朝だけやっていた店ですが、
残念ながらもう今もやっていません。

揚げパンは1個10バーツもするのですが、
これが長くて、1本でも食べ応えがあります。
揚げたては、外がかりっとして中が柔らかくておいしいです。
シャーペン2本分以上ということは30cm以上はありますね。

20101211443.jpg

家族全員の分、4本買って帰ったのですが、
「สังขยา」(サンカヤー)緑のカスタードは、
1パック10バーツですが足らないくらいでした。
いつだったか、朝、托鉢に来た僧侶の「บาตร」(バート)の中には、
見慣れた長い揚げパンがありました。
夕方からしか売っていないので、昨夜の残りでしょうか。

どうして日本の豆乳なのかと言えば、
紹介されていた「ちゃお」のバックナンバーを探したのですが、
ちょうどその号だけ見当たりません。
拙い記憶を辿ると、何でも本家のチェンラーイ店の主が、
日本の沖縄の豆乳をどうとかこうとか?てな感じでしたが…。

メーピン警察署の前で以前から豆乳を売っていた屋台は、
今はお客が途切れて、商売上がったりのようです。
タイの人も新しいもの好きで、割とすぐに飽きてしまうので、
さてさて、この行列がいつまで続くでしょうか。
関連記事

| 食べられるもの | 22:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

177号気になる店によると「チェンラーイ本店の主人はかつて台北の豆腐工場で働いたことがあり、さらにその工場主は沖縄で豆腐作りを学んだという。」です。記憶はおおむね正解です!
チェンマイ門のほうは味が濃いと聞きましたが、そちらはそうでもないのですね...
でも、揚げパンの長さにはびっくりです。

| yunkao | 2010/12/14 23:17 | URL | ≫ EDIT

やはりそうでしたか。

なぜか家には177号がなかったのですが、
どこかで読んだ覚えがあったもので、
まあ、何となくあってましたね。
最近目につくようになった
インスタントの豆乳も結構いい味出してますよね。

| ポーヤス | 2010/12/15 00:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/568-74bd09e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT