やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

象もお祝い

タイの国王誕生日である12月5日には、
各地で様々な祝賀行事が行われました。
私は自宅にいてテレビでその模様を見ていただけですが。

----------------------------------------
メーリム郡にあるメーサーの象トレーニングセンターでも、
象もタイの父の日である国王誕生日をお祝いした。
年齢12才になるオス象のコンカムは、
長い鼻で器用に掴んだ筆(ハケ)を使って、
タイ国旗が描かれた紙の上に、
「ทรงพระเจริญ」(ソン・プラ・ジャルーン)
国王陛下万歳!!と書いた。

この日は家族連れのタイ人、外国人の観光客がたくさん訪れ、
象のショーを楽しんでいった。
結局、このタイ語が書かれた絵は、
オークションの末に6,000バーツで販売された。
これらの収益金は、象のエサ代にあてられるとのことだ。
コンカムは3日間練習しただけで書けるようになった。

バンコクでの政治集会の混乱の影響もあり、
一時は観光客が激減していたセンターだが、
観光のハイシーズンを迎え、1日約500人が訪れるまでになり、
また活気が戻ってきた。現在このセンターには72頭の象がいる。

                                       <※ネット記事より抄訳>

ここでは象が絵を描くというのはショーの目玉でもあり、
普段から絵を販売して、土産ショップにも並んでいます。
始めた頃は、本当に抽象画ばかりでしたが、
最近では花や象の横顔まで描けるようになりました。
象の能力もさることながら、やはり象使いのセンスでしょうか。
関連記事

| 生きているもの | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/564-44a573eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT