やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

村の結婚式

いつの間にかすっかりお抱え運転手になってしまいました。
連れ合いから村で結婚式があるから、送ってねと言われ、
かたくなに断る理由もなかったので、運転していくことになりました。

別に親戚ではないのですが、実家のお隣ということもあり、
連れ合いも料理の準備を手伝うとのたまっていたのですが、
実際は、懐かしい村の人達と世間話に始終していました。

新郎はランパーン県から親戚一行とはるばる来て、
新婦の実家で親戚や村の人を呼んで結婚式と披露宴がありました。
お客さんに振る舞われる料理のほとんどは、村の人が総出で、
男性も女性も手伝って準備をしていました。

祝い事と言えば「ลาบ」ラープと呼ばれる生挽肉のハーブ和え。

P1090022.jpg

肉を細かくするのは男性陣の役割で、
お酒を飲みながら包丁のリズムカルな音が続いていました。

P1090023.jpg

2刀流や両手で包丁を握っている人もいました。

P1090035.jpg

P1090043.jpg

日本へ冷凍輸出用の枝豆。
ただし、この日は規格外で輸出できなかった不揃いな枝豆でしたが、
朝採りの新鮮な豆は、少し甘く食べ始めると止まりません。

P1090036.jpg

前日に新婦の父が採ってきたというキノコの料理、
二つに割って、鶏肉と一緒に炒めてあり、おいしかったです。

P1090069.jpg

カーオテーンと呼ばれるおこしのようなお菓子です。
形がおもしろいですが、これは他で買ってきたそうです。

P1090018.jpg

P1090020.jpg

P1090021.jpg

後日、新郎の実家でも披露宴をするそうですが、
どうぞ末永くお幸せに。

P1090067.jpg
関連記事

| タイってこんなとこ | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/511-a21c2b67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT