やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢を紡ぐ

19日、チェンマイ郊外で知人が運営しているプロジェクトで、
食堂と図書室の完成式典があり、
招待を受けたので参加してきました。
チェンマイ市内からいくつかの山と峠を越え、
車でも2時間近くかかる山間の小さな村の中にあります。

P1080810.jpg

サンファン・サンティパープ財団
(Sanfan Santiphaap Foundation)「夢を紡ぐ平和財団」では、
2003年にタイ国内で財団登録を行い、家庭や経済面で問題を抱えている子供たちに教育の機会を支援するため、現在、山の子たち23名を引き受け生徒寮を運営しています。牛や豚の家畜を飼い、野菜を栽培し、魚なども養殖していますが、子供たちが役割を決めて、寮の仕事を分担して取り組んでいます。大きな家族という感じで、年長の子が小さな子の面倒をみながら、スタッフが親代わりになり、兄弟のように協力して暮らしています。

今回は、政府開発援助(ODA)の一環である「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の資金を得て、敷地内に食堂と図書室が完成しました。2004年から在チェンマイ日本国総領事館が申請窓口となり、この5年間に、北部タイで33プロジェクトに対して資金協力を行ってきました。分野も環境保護、社会的弱者の援助、生活・教育の向上などがあります。「チェンマイ県貧困山岳児童のための寄宿環境整備計画」という案件で、2008年度予算から150万バーツの資金が供与され建物が完成しました。

P1080836.jpg

領事館からの代表、副郡長、教育関係者、村人、在チェンマイの日本人、総勢100名以上参加して、快晴の中で滞りなく開所式を終えました。
関連記事

| これもボランティア | 20:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/11/22 13:17 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/494-e6cb9e34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT