やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

下痢ピー

1年に何度か大きな下痢をすることがあります。
今年はまだ2回目ですが、今回もなかなか厳しいものでした。

数日前から体調が悪く、ちょっと元気がなかったのですが、
最後には激しい下痢に見舞われ、1日中ボーっとしていました。
今回は熱や吐き気はなかったのですが、
細菌性の下痢のようで、ほとんど液状でした。

下痢になると毎回のように犯人探しが始まるのですが、
あれこれ思い出しながらも、なかなか証拠がつかめません。
一つ思い当たったのが、冷蔵庫にあったパックの牛乳です。

これは「นมโรงเรียน」(ノム・ロングリアン)と言って、
学校で午後に配られているものです。
タイ児童の体格が国際標準より小さいので、
栄養補給のためにと政府が予算を出しています。
3月初旬に学年休みに入りましたが、
終業式の日に、休み期間中の分として、
学校から箱で配られ、子供が持って帰ってきました。
高温殺菌なので常温(タイでは高温?)で保存が可能ですが、
家では、冷たく飲みたいと冷蔵庫につめてありました。

その1パックを飲んだのですが、そう言えば味がちょっと変。
連れ合いにそのことを話すと、
「どうして子供の牛乳なんか飲むの?
 私も前に飲んでお腹こわしたことあるのに。」
おいおい、それならどうして捨てないんだ。

「子供たちは慣れてるから、飲んでも大丈夫なの。」
そんなはずあるかい。

子供たちは下痢になることなく飲んでいますが、
1パックずつ微妙に味が違うと言います。

 「それは腐っているんじゃないのか?」と聞くと、
下の子が、
 「牛が一匹一匹違うから味も違うんだよ。」
そうじゃないだろ。

今回は以前にクリニックでもらってきてあった薬、
抗生物質も含めて、3種類ぐらい飲んで乗り切りました。
ちょっとした下痢の場合は、たいてい市販薬でなんとかなります。
これはタイの家庭の常備薬です。
胃の痛み、胸焼け、腹痛、下痢に効くようです。

P1080603.jpg

白い飲み薬でハッカの味がして、何か懐かしいものを感じます。
商標が「กระต่ายบิน」飛ぶウサギといい、
羽のあるウサギが目印です。

下痢で水分を補給する時はこれにお世話になっています。

P1080605.jpg

粉末状で水やお湯に溶かして飲みますが、吸収がよいようです。
一応オレンジ味なのですが、ちょっと微妙な感じです。
家には買い置きがあるのですが、今回かなり消費しました。

下痢にならないためには、腐ったものを食べない。
そんなことは百も承知なんですが、
あとはその時の運次第なんでしょう。
関連記事

| 健康なこと | 20:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご愁傷様です。

細菌性の下痢は熱も出ますので、確りとした養生が肝要です。

「牛が一匹一匹違うから味も違うんだよ。」>>なんか説得性があります。(爆)

| ナゾナゾ | 2010/03/28 18:58 | URL |

Re: ご愁傷様です。

何とか峠は越えたようです。
それにしても下の子は、父の忠告にも耳を傾けず、
まだあの牛乳を飲んでいますが、何ともないようです。

| ポーヤス | 2010/03/29 08:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/466-0f721143

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT