やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

死の電話

ランパーン県内でも例の噂が広がっているようで、
ようやく新聞にも記事が載っていました。

記事内には083で始まる番号が3つあるのですが、
うちの電話台のメモにあるのは、下のケタが微妙に違います。

ある村では、学校の先生が生徒の腕に3つの電話番号を書いて、
保護者に伝えて、気をつけるようにといった話しもあるそうです。
この番号の電話を受けると、高周波が流れてきて、
それが原因で即死するのだと言われています。
半信半疑でも、見知らぬ番号だと受け取らない人も続出だそうです。

携帯のサービスを提供している会社の北部タイの広報担当者は、
この噂を否定すると同時に、世界的な安全性の基準を満たしており、
何も心配する必要はないと新聞記者に話しています。

その担当者の話では、この噂の起こりはチェンラーイ県のようです。
今年に入ってからこのような噂が聞かれるようになったのですが、
調査の結果、ある事件が原因ではないかと推測しているそうです。
チェンラーイ県メーサーイ郡内に住む、キィアンお婆さんのところに、
誰かから「息子が亡くなった。」という嘘の電話がかかって来て、
それを聞いたお婆さんがショックで亡くなったという一件です。
その話にあれこれ肉付けされて、味付けまでされ、
噂が一人歩きしているのではないかということです。

ちなみに、記事にあった番号は一昨年や去年に番号登録がされ、
その後、去年にプリペイドの通話料が追加されてから、
その後は一切追加されていないようです。
要するに誰も使っていないとことですね。

息子に聞いてみると、今朝の学校の朝礼でも
先生がその話に触れ、気をつけるように言われてたそうです。

この新聞の記事について義母に説明してあげましたが、
どうもまだ納得していないようで、どこかで信じているっぽいです。


その後もこの噂は広がっているようです。
実際に電話口からお経が流れてきて、
精神的なショックと恐怖で、発作を起こし、
入院したケースもあるようです。
噂に便乗した愉快犯のいたずらが、
しばらく続きそうな気配です。 (10/01/26)
関連記事

| 巷の世間話 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/437-b2091605

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT