やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

恐怖の電話

お祖母ちゃんと近所のおばさんが、
何やら変なことを話しているのを小耳にしました。

何でもチェンラーイ県にいる人から連絡があったそうで、
見覚えのない番号からかかってきた電話をとった人が、
謎の死をとげたというものです。

普通、携帯電話だと、発信元の電話番号が表示されますが、
その番号が赤色で表示されるそうなので、
絶対にとってはいけないと、真顔で話していました。
危険な電話番号が3つほどメモした紙切れが、
今も電話台の横に置いてあります。
その話を聞いて、いつも飲料水を配達してくれる兄ちゃんが、
試しにかけてみたところ、登録されていなかったそうです。

私や息子たちは、そんな訳があるはずない、
どうして電話をとっただけで人が死んでしまうのか、
まったく理解できません。
じゃあ、チェンラーイで亡くなった人は、どこの人?
死因は何?その死体を見たの?と聞いても、
はっきりしたことは何もわかりません。
それでも、お祖母ちゃんは信じているっぽいです。

タイでは、そういった迷信やデマ、摩訶不思議なことで一杯です。
夜のニュースを見ていたら、東北地方のある村で、
先月、男衆が10人以上もたて続けに亡くなったのは、
未亡人のオバケの仕業だと、村人は信じています。
そこで、村の男性たちは、爪に赤いマニキュアを塗って
カモフラージュして、そのオバケから身を守っているそうです。

「ある番号からかかってきた電話に出ると死んでしまう。」
どうしてそんなくだらないデマが流れたのでしょうか。
実は、何か裏に政治的な思惑があるのでは?
ちょっと考えすぎ?
あまりにも信憑性がないので、あまり広まっていないようですが、
一番怖いのは、そんな話を信じて知人に電話する人がいることです。


その後、チェンマイ郊外の村で暮らすタイ人と会い、
この話題になった時、偶然ですが彼も知っていました。
村内の放送(外部の拡声器)でも注意を促していたそうで、
チェンラーイ県では10人以上亡くなっているそうです。
電話をとった後、耳から血を流して死んでしまうそうです。

その友人と話していて行き着いた結論は、
子供たちに知らない番号の電話に出させないように、
大人が恐怖心を煽っているのではないかというものです。
最近では、懸賞に当たりましたとか、
詐欺まがいの電話がかかってくることがあるので、
若者も用心しなさいよ、という意味があるのでしょうか。
関連記事

| 巷の世間話 | 20:26 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そういう内容の映画ありましたよね。
タイトルは確か「着信アリ」だったかな。

番号が赤字ってのが怖い!!!

| ai | 2010/01/19 22:10 | URL |

Re: タイトルなし

そんな映画があるんですか。
もちろん邦画ですよね。

> 番号が赤字ってのが怖い!!!

画面がカラーでない安い携帯だとどうなるの?
その番号知りたいですか?

| ポーヤス | 2010/01/19 23:18 | URL |

>もちろん邦画ですよね。

もちろん邦画です。
結構ヒットして続編も出ました。

>画面がカラーでない安い携帯だとどうなるの?

やっぱり赤なんじゃないでしょうか。
カラーの場合だけってなんかねぇ。

>その番号知りたいですか?

知りたくないです。

| ai | 2010/01/20 22:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/435-cd68e6e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT