やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ほっ、ビザ更新

本日、改装されたチェンマイイミグレーションへ、
在留許可(ビザ)の更新手続きに行ってきました。
サービスの開始時間は8時半ということで、
作戦通りに家を8時に出て、8時10分頃にイミグレに着きました。
それが何と、この時点ですでに駐車場はいっぱい、
連れ合いだけ入り口の前で下ろして、お隣に車を停めに行きました。

建物の中のイスはほとんど満員状態で、
みんな考えることは同じみたいで、
もう少し早く家を出ればよかったと、少し作戦ミスで後悔。
見た感じは、西洋人が多く感じました。

先に連れ合いが整理券をとってくれていましたが、
それでも807番、つまり本日の7人目ということです。
1年の延長申請は、機械の4番ボタン、800番台で始まります。
そこから待つこと待つこと、1時間待ってもまだ805番でした。

お尻が痛くなって、ウトウトとしてきた頃に、
やっと私たちの順番が回ってきました。
こんなに時間がかかる理由として考えられるのは、
机は三つなのですが、担当職員が二人しかいないからでしょうか。
また私たちの書類の検査をしている間も、
問い合わせの電話があり、その応対に追われていました。

今回の申請では、職員からいくつかアドバイスを受けました。

銀行口座は、更新申請者のみの名義とし、
夫婦の共同名義は使えないということでした。
給料が、毎月40,000バーツ以上あれば、
銀行残高は関係ないそうですが、私はそんなにありません。
また銀行口座には40万バーツ以上が必要で、
残高証明書発行前に2ヶ月以上は口座になければなりません。
この規則は去年の11月から運用されていて、
現在はその移行期間中ということで大目に見てくれましたが、
今年の11月25日以降は、厳格に適用されるそうです。

また、最近撮った夫婦のスナップ写真、自宅の地図など、
新たに書類の提出を求められましたが、準備していなかったので、
後で書類を持参するということで、その場は許してもらいました。

奥の部屋で上司のサインをもらい、終わったのは10時50分でした。
2時間半ぐらいかかったことになりますが、
それから家に戻って、追加書類を準備して再提出し終え、
何とか午前中に終えることができました。

1年間の延長を申請してもすぐに許可されるのではなく、
1回目は1ヶ月後に審査の結果を聞きに行かなければなりません。
その際は、この整理券をとって順番を待たなくても、
窓口に直接提出して、結果を聞けばいいそうです。

ビザの1年間更新の申請が近づくと、ちょっと憂鬱になるのですが、
今年も大きな問題もなく、第1関門を突破できてほっとしました。 
関連記事

| 手続き関連 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/407-286dbc1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT