やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳴りやまぬ音

下の息子はまだ病院に入院しています。

ローイクラトンが近づいてきたので、
夜になるとあちこちから花火の音が聞こえてきます。
ナイトバザールではパレードがあったとか、
ターペー門ではたくさんの「โคม」コーム(提灯)が飾られ、
日本や中国のもあると、ニュースでやっていました。
近所でも打ち上げ花火があがっていますが、
車の防犯装置がその振動に反応して、
遠くから異常を伝えるサイレン音が聞こえてきます。
この時期、手製の花火で怪我をする人が必ず出てきます。
市販されている花火でも人に向けて投げるので、
やけどをしたり、怪我をする人がいます。
ニュースでは、今年もさっそく
お隣のランプーン県で僧侶が怪我をしたと報道していました。

うちでは、連れ合いが家の周りにロウソクを灯していました。

P1070898.jpg

正確には素焼きの小さな皿にロウを入れたもので、
一般には「ประทีป」(プラティープ)と呼ばれています。

P1070899.jpg

いよいよ明日はローイクラトンのハイライト、満月の夜です。
上の子は新学期が始まります。
下の子は退院できるでしょうか。
今年は家族そろって、クラトンを流しに行ければいいのですが。
関連記事

| なんでも風物詩 | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/404-484958ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT