やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幸運を招く

タイにはお釈迦様以外にもいろいろな神様がいます。
土地神様もそうですし、子供の神様もいます。

その一つが「กุมารทอง」(クマーン・トーン)です。
それぞれの意味は、「กุมาร」は「男児、児童」、
「ทอง」は「金、黄金」になります。

その家を守ってくれ、特に金運をもたらしてくれるそうです。

P1070513.jpg

親戚の家などでは、2人祭っているそうですが、
我が家にはなぜか3人います。
その理由は、本人もよくわかっていないのですが、
尊敬しているある僧侶に言われたからだそうです。

なんせ子供の神様なので、赤や緑のジュースが好きで、
体には良くなさそうですが、連れ合いがお供えしています。

P1070771.jpg

引っ越す前の昔の家にも一人いたのですが、
息子が小さいときなど、いつの間にか哺乳瓶のミルクが減っていたり、
誰もいないのにおもちゃがなったりと、
このクマーン・トーンが羨ましがって、悪戯していたそうです。
でも、その子は、我が儘で言うことを聞かないので、
一緒に連れて来なかったそうです。
今の新しい家にいる3人は、僧侶のお告げで来た、
いい子たちばかりだと、連れ合いは真顔で説明してくれます。

もともとの由来は、タイでは妊娠した女性が亡くなると、
恐ろしいオバケになると信じられており、
それらから身を守る為に作られたと言われているそうです。
いろいろなタイプがあるようですが、
現在は可愛らしい子供の姿をしたプラスチック製を、
簡単に買ってくることができます。

きちんとお供えをして祭っていれば、
災いからその家を守ってくれるそうです。
関連記事

| 日常の風景 | 16:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/390-294cb358

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT