やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パンダなんだ

チェンマイ動物園で生まれたパンダの赤ちゃん、
タイ全土の注目の的となり、大人気です。
5月27日に生まれたのですが、
それから毎日のように新聞やテレビで
その成長ぶりやかわいい仕草が報道されています。
郵便局の特別ハガキを使った、
名前の人気投票兼抽選会も大々的に繰り広げられています。
この7月27日に丸1ヶ月を迎えるということで、
大きなケーキをつくり、同じ誕生日の人達と一緒に、
チェンマイ動物園でお祝いするそうです。
おいおい、たった1ヶ月で誕生日かいな?
実は上の息子が5月26日生まれなので、1日違いでおしかった。
7月からは赤ちゃんパンダの公開も待ちかまえています。

アユタヤでは、パンダ人気にあやかって、
象に水性ペンキを塗って、パンダ模様にしてしまいました。
すごい発想だと思いますが、無茶しますね。
一部、動物保護団体などからは抗議の声も上がったようですが、
象には害はなく、水で洗い流せるから大丈夫だそうです。
実際、今朝からアユタヤ地方は雨が降り、
ペンキが流れてしまい、普通の象に戻ってしまったようです。

アユタヤを観光したことがある方は、
観光客が象に乗ってお寺を巡っているのを見たことがあるでしょう。
象の飼育自体は、お寺から少し離れた郊外で行われています。
朝夕、象使いそこから象に乗って通勤しているわけです。
その場所は、アユタヤ王朝時代に、囮の象を使って、
野生の象を生け捕りにしていたところです。
もうかなり以前になりますが、私も行ったことがあります。
象と象使いは東北タイのスリン県から出稼ぎに来ていたりします。
そこのオーナーがなかなかのやり手で、
マスコミを使った話題作りがうまい、という印象を受けました。
昔、日本人女性がそこの象使いと暮らしているということで、
日本のテレビに取りあげられたことがありますが、
まだ、彼女はあそこで暮らしているのでしょうか。

ところで、昨日、連れ合いが免許証を更新してきました。
私はこの3月に更新したばかりだったのですが、
なんと新しい運転免許証は背景には、パンダがいます。
うん、この絵柄、どこかで見たことがあります。
そうです、各県でオークションにかけられる車のナンバーの
チェンマイ版のプレートの背景です。
パンダの赤ちゃんが生まれてから、こんなところで使い回しています。
連れ合いの話だと、陸運局の職員から手渡される前に、
「パンダは2頭だけで、赤ちゃんはいないからね。」と
丁寧に教えてくれたそうです。誰も聞いてないって。

さあ、これからパンダ便乗商法が次々出てくると思いますが、
予想もつかないものにパンダを使いそうで、楽しみでもあります。
関連記事

| 生きているもの | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/349-d0f0c15a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT