やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミュージックビデオ

一躍、時の人となったピチット県の「ケイゴ君」
しばらく、パンダの赤ちゃんに押されて、
テレビや新聞に登場することはなかったのですが、
ここに来て、また取り上げられています。

■フィーバーは、まだ終わらず!■のようなタイトルで、
彼が歌うミュージックビデオの撮影をしたというものです。
撮影場所は、彼が写真を持って父親を探していたお寺の境内、
歌のタイトルは「お父さん、どこにいるの?」、
当然、歌詞もタイトルから連想できるようなものでしょう。
今回の制作会社は、地元ピチット県の会社で、
売り上げのうち、1枚につき5バーツが彼に渡され、
残りは機会に恵まれない県内の子供たちに寄付されるそうです。

ケイゴ君は、今は元の生活に戻り、月から金曜日は学校に通い、
土、日は叔母さんのソムタム売りを手伝ったり、
お寺の境内で魚の餌を売り歩いているそうです。
叔母さんのソムタム屋台の名前を知っていますか。
「ソムタム・ケイゴ」、そのままやんか。

連絡がとれた日本のお父さんは、
自分の息子がどんな暮らしをしているのか、
知っているのでしょうか。
まあ、元気で、多くの人に愛されていれば、
それにこしたことはありませんが…。

それでも、この現象には、何か違和感を覚えてしまいます。
まだ、この話題を引っ張るか~? 
ケイゴ君の後、マスコミに名乗り出た20組以上の親子は、
どうなってしまったんでしょう。
関連記事

| 巷の世間話 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/340-0606a857

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT