やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おいしい

朝から朝食を抜きにして、備えておきました。
ずっと気になっていた「SHABUSHI」というレストランへ行きました。
緑茶で一躍有名になった「oishi」グループのお店で、
シャブシャブとスシがビュッヘで食べ放題というスタイルです。
これまでも、何度か入店しようとしたことはあるのですが、
いつも満席で、店の前で待っている人を見ては諦めていました。
ちょうど連れ合いが、知人達とメーサーイへ出かけていたので、
息子二人を連れて、ここぞとばかりに出かけました。
今さらという感はありますが、私にとっては初体験なので、
物珍しさでいろいろ観察してきました。

上の子の友達の話では、何時間でも粘れるという噂だったのですが、
実際は、そんなに甘くはありませんでした。
まず店内に入ると、ボックス席とカウンター席がありますが、
今回は子連れの3人だったので、カウンター席にしました。
それぞれの席には、一人用の小さな電気鍋があり、
そこに好みの具をしゃぶしゃぶして食べる仕組みになっています。
スープは、「透明なスープ」「濃厚スープ」「トムヤムスープ」の
3種類があり、無難な「透明なスープ」を注文しました。
スープが沸騰するのを待つ間に飲み物を取りに行きます。
お馴染みの砂糖入り緑茶、オレンジジュース、ブラックティー、
後はペプシなどの炭酸ジュース、熱い中国茶もありました。
日本の回転寿司のようにベルトの上をしゃぶしゃぶの具やスシが
流れてくるので、好きなものとって食べます。
スシの種類は多くなく、海苔巻き系がほとんどでしょうか。
たまに「なんじゃこれは?」というスシも回ってきます。
しゃぶしゃぶの具は、野菜、肉、シーフードなど様々ですが、
私はひたすら「豚の薄切り(スライス)」を食べていました。
タレは、タイスキの辛いタレが用意してありますが、
私は醤油にライム汁を入れて、ポン酢のようにして食べました。
さあ、これからどんどん食べるぞと、その時店員さんが来て、
人数を確認して伝票を置いていきます。
そこには制限時間が1時間15分、入店の時間と何時までとあります。
また時間をオーバーすると10分ごとに一人20バーツともありました。
そうか、そんなルールがあるんだと、本腰を入れて食べ続けました。
上の子は、エビがお気に入りで、皿はエビのしっぽが山のようです。
それを見ながら「エビの墓場ができていくぜ!」とつぶやいていました。
下の子は、糸こんにゃくがお気に入りですが、
残念ながら、あまり流れてきませんでした。
結局、親子3人、誰も野菜には手をつけませんでした。
他にエビフライ、ししゃもフライ、ギョウザなどがありました。
ニンニク炒めライスもありましたが、ご飯系には目もくれませんでした。
デザートは、フルーツやアイスクリームがあり、
なぜか温かい「ぜんざい」もあり、あー、モチよー、
せめて白玉があればと、この甘さを懐かしく感じました。
みんなお腹一杯食べ、少し早めにレジでお勘定と考えたのですが、
前に二人ほど並んでいて、どちらもクレジットカードでの支払で、
店員さんが手間取ってしまい、なかなか自分の番が回ってきません。
これで制限時間をオーバーしたらどうなるんだろうと考えながら、
何とか無事に時間内に精算をすませました。3分前でした。

店員さんに勧められるままにメンバーカードを作りました。
いかにもタイらしく縁起良く99バーツで、その日から10%の割引です。
結局、一人229バーツ、それにサービス料と税金が加算され、
一人当たり270バーツになりました。
さっそくメンバーカードを使って10%の割引をしてもらいましたが、
後でレシートで確認したら、サービス料金と税金を加算する前の
小計の金額に対する10%でした。
本日は3人で来て、割引額は76バーツだったので、
最低でももう1回は来ないとメンバーカードのもとが取れません。
お勘定を済ませて店を出る前に、
息子に「ギョウザを2~3個、口の中に含んで出ようか!」と
言ったのですが、鼻で笑われ相手にされませんでした。

夕方、連れ合いがメーサーイから戻ると、
さっそく下の子のレポートが始まりました。
何があって、どうだったとか、事細かに報告していました。
というか、一種の自慢かな。
チェンマイは、エアポートプラザ店とパンティッププラザ店の2店です。
270バーツという値段を考えた時に、夕食の「ムーカタ」や
ホテルの昼食ビュッフェとどちらが得かを考えてみました。
時間制限があるというのが気になりますが、
まあ、たまにしか行かないんだったら、「SHABUSHI」かな。
子供や若い人には、この回転寿司スタイルで、
好きなだけ座ったまま食べ続けられる方がいいでしょう。
息子達は、今度はお母さんも一緒に行こうと誘っていますが、
料金を考えると、次に行けるのはいつになることでしょう。

店にいた1時間12分の間、私以外の日本人は見ませんでした。
この価格でも満席になってしまうという状況は、
不況と言われながらも、余裕のあるタイ人がわりといるのでしょう。
関連記事

| 食べられるもの | 20:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは!

シャブシ、何故かタイ人で大混雑してますね。
俺も一度行きましたが、もう行きたいとは思いませんでした。(味と価格の相関関係で)
後日、友人よりシャブシの厨房話を聞き、更に意を強くしたところです(大袈裟)。
でも、衛生管理、ムーガタと較べればマシなんだろうなぁ、とは思いますけど・・・・。

| zin | 2009/05/15 07:40 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

どこかの学生風のグループも見かけますね。
シャブシの厨房はそんなにひどいのですか。
まあ、熱湯で消毒したので、今のところお腹は大丈夫です。
チェンマイで、適正価格でおいしいビュッヘと言えば、どこでしょうか。
近所に大和(ヤマト)がありますが、結構高いですね。

| ポーヤス | 2009/05/15 10:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/325-ef0ed78b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT