やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新年祝賀懇親会

自宅の庭仕事に夢中になっていて、
行こうかどうかと少し迷ったのですが、
招待状と名刺を準備していたのと、
知り合いから会場を問い合わせる連絡が入ったので、
やっぱり最初の予定通り参加してきました。

在チェンマイ日本国総領事館主催の「2009年新年祝賀懇親会」が
午後7時から市内のホテルでありました。
私は日本人会の会員でもCLL会員でもないのですが、
NGO関係者という枠でご招待をいただきました。
チェンマイに暮らして十数年、新年の恒例行事となっていますが、
これまでに1年だけ招待状の届かなかった年があります。
それまで毎年続けて参加していたのですが、
理由もわからないまま招待状が届かず、
でも人伝にその年も開催されたと聞いたときは、
あれ?と考えましたが、また招待状が届くようになりました。

昔の頃と比べると、どちらが良いかということはないのですが、
すっかり雰囲気が変わってしまい、
身の置き場がなくなってしまったというか、
居心地まで変わってしまいました。
確かにしばらく会っていない知人にも再会でき、
新年のあいさつも交わせるのですが、
年老いたせいか、すぐに昔を懐かしんでしまいます。

もう何年前になるか忘れましたが、
一番最初に参加したときは、子供連れの家族で参加しました。
そのうち、子供が走り回るのを嫌う人からのクレームが付き、
同伴は配偶者のみとなったと聞きます。
また、その当時は日本食が食べられるというだけで、
たまたま遊びに来ている友人などを連れて行く人もいたようです。
服装も特に条件などなかったので、かなり軽装の人もいました。
参加者からいろいろな声があり、それに応える形で、
新年名刺交換会になり、そして現在のような形式に
移り変わってきたのでしょう。
チェンマイに在住する日本人が増えたことにより、
単純に参加者が増えたということもあるでしょうが、
まったくの私の個人的な感想で言えば、昔の方が好きです。

今回は特に新しい出会いもなく、
自分がそれを求めていないのかも知れませんが、
持って行った名刺には、全く手をつけませんでした。
争うように並ぶのを嫌って、日本食も食べませんでした。

いろいろ書きましたが、来年もご招待いただければ、
特に用事がない限り参加させていただくつもりです。
チェンマイでこれからも暮らしていく以上、
人によってとらえ方が違い、考え方も異なりますが、
それらも含めて、現実としての移り変わりを見ていきたいと思います。

今年の懇親会では、「笑い初め」できたことが一番よかったかな。
関連記事

| チェンマイって | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/256-46c22af7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT