やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

偽札騒動

先日、いつもの花市場に花の苗を買いに行った際、
1,000バーツ札で支払おうとしたら、
100バーツで払ってもらえませんかと言われました。
連れ合いに聞くと、この辺でも市場では500バーツ札、
1,000バーツ札は受け付けないところ店も出てきたそうです。

政局の混乱→首相府占拠→空港封鎖→
観光客の激減→世界的な金融危機→従業員解雇
→農産物の価格低迷→不景気

こんな感じで景気が悪化している状況に加えて、
追い打ちをかけるようにこの偽札の被害が広がっています。
もし偽札製造で逮捕されると、最高刑が無期懲役だそうですが、
それでも、今はカラーコピー機などで作る者がいるそうです。

朝のテレビのニュースでは、偽札の見分け方を説明していました。
さっそく、家にあった数枚の1,000バーツ札を調べてみましたが、
幸いなことに偽札は見つかりませんでした。
20バーツ札や50バーツ札でも偽札が見つかっており、
そんなところまでいちいちチェックしていられません。

そう言えば、以前に我が家でも偽札検知器を買ったことを思いだし、
戸棚の奥からビニール袋に入った機械を引っ張り出してきました。
ライトがついて透かしを確認したり、
銀行の窓口にあるように札に紫外線を当てると
線のようないくつかの模様が浮かび上がります。
普通の紙を挿入口に入れると、大きな音量で「これは偽札です!」
と警告してくれます。もちろんタイ語で。

P1060145.jpg

でもこのメーカー名を見ていると、
日本の有名な二つの会社を足したような変な名前です。
それとも、もしかしたら「かしこい」にかけているのでしょうか。

この機械を買ったのは、やはり数年前に偽札が流行った年です。
その当時は、私も銀行で引き出した際に2枚ほど掴まされました。
今でも銀行のATMなどでは完全に偽札をはじけないそうです。

この景気の悪い年の瀬、偽札を掴まされないように気をつけます。
関連記事

| 巷の世間話 | 08:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/244-84d77797

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT