やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かわいいゾウ!

チェンマイ市内から車で1時間弱の所に、
観光名所にもなっている「象のトレーニングセンター」があります。
この夏、仕事の関係で何度か足を運びました。
象のショーは何度も見ていて、次に何をやるかも知っているのですが、
毎回、すごいな、利口だなと感心しています。

P1050382.jpg

象が象使いにマッサージ中です。
気持ちよさそうにも見えますが、象の気が変わると危ないですよね。
すっかりお馴染みになりましたが、ここでは象が絵を描きます。
このショーが始まった頃に比べると、腕?鼻が上がったというのか、
抽象画ではなく、花の絵を描くようになり、芸術性もでてきました。
ショーで描かれた絵は、すぐにその場で売りに出されます。

P1050387.jpg

確か1枚2,000バーツでしたが、その値段でも売れています。
ちょうど北京オリンピック開催中で、
タイの選手が女子の重量挙げで金メダルをとった
というニュースが話題になっていた頃には、こんな絵も!

P1050389.jpg

象にこんな絵が描けるんですね。
まあ、象使いさんの力量もあるでしょうが。

今年の3月に子象が生まれて、名前はタイ語で「ミーナー」と言います。
「ミーナー」とはタイ語で3月という意味なので、そのままやんか!と
突っ込みたくなりますが、何か英語のような響きもあります。

P1050368.jpg

子象にも触れたし、やんちゃでかわいかったのですが、
何せ鼻水攻撃にあい、結構臭かったです。
子象はセンターの奥の方にいるので、そこまで行く途中に、
象使いのおじさんが何やら売っていました。

P1050375.jpg

何だかわかりますか?

P1050374.jpg

象のしっぽの毛で作った指輪です。
毛と言ってもかなりの堅さで、器用に編んだものもあります。
象使いの人は、昔からこの指輪をお守り代わりに身につけることで、
森の中に入っても事故や悪いオバケから守ってくれると信じています。

最近は、短期の象使い修行というか、ホームステイも始めたようです。
象のショーの際に、西洋人が混ざって象に乗って入場していました。
ツアーだと、ショーを見て、象に乗り、次の観光地へ移動となりますが、
ぜひゆっくり時間をとって、子象に会いに行ってはどうでしょうか。
関連記事

| 生きているもの | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/215-0d753838

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT