やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続・お見舞い

一度退院して、実家に戻っていた親戚のおじさんが
また、チェンマイ郊外の病院に入院していると聞き、
連れ合いとお見舞いに行ってきました。
今回は、前回よりも長く、すでに15日間入院しています。
大部屋の中には、以前より痩せて元気のないおじさんがいました。
毎日、血小板や点滴、日によっては輸血も受けているそうで、
今では立ち上がって一人でトイレに行くこともできなくなっていました。
それでも、大部屋なので夜中の付添はできません。

前回、髄液検査までしたのですが、はっきりした病名はわかりません。
私は連れ合い経由で間接的にしか聞いていないのですが、
何か若い時に農薬散布をし過ぎた影響で、
血小板の数が少ないために起こる症状だそうです。
食事もほとんど食べられなくなり、点滴が食事代わりです。
本人は自宅に戻って療養したいと言っていますが、
点滴や輸血を行っているので、家族が躊躇しているようです。
今年で69才。村の中ではまだまだ年寄りとは呼べません。
少しでも良くなることを祈っています。

この病院の大部屋、患者個人のプライバシーは関係ないようです。
私が部屋の隅に座って一息ついていると、
目の前で患者さんのおむつの交換が始まりました。
その人のベットを仕切るカーテンもなく丸見え状態です。

病院に行った際に、松葉杖を寄付してきました。
3年ほど前、私が使っていたものは、
歩けるようになるとすぐに違う病院へ寄付しに行っていたのですが、
今回は友人の松葉杖です。
友人が日本へ本帰国するにあたり、荷物を整理していたら、
昔使っていた松葉杖が出てきて、どこに捨てていいのかわからず、
また捨てるのはもったいないと預かっていたものです。
タイの人は、怪我が治るとすぐに病院などに持って行きます。
松葉杖を家に置いておくのは、縁起が悪いというのか、
また怪我するのを待っているようなものだと言い、嫌います。

病院へ行くと、やはり自分の今の健康状態を考えてしまいます。
最近、お腹の辺りが出てきたし、運動不足を何とかしなければ。
関連記事

| 健康なこと | 20:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

DVD販売

突然の書き込み失礼いたします。
現在チェンマイでドラマや映画、アニメのDVDを格安で
販売しております。
タイ国内ならどちらでも郵送可能ですよ!
千タイトル程所有しておりますのでリスト希望でしたら
メールにてご連絡下さい。

| ダイハツ | 2008/06/03 03:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/187-b37c3835

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT