やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バイオガス施設

久しぶりに泊まりがけで通訳に出かけてきました。
2泊3日、村でのホームステイでした。
そして、地域の小学校でバイオガス施設の建設を
手伝うというプログラムでした。

そのコミュニティーには、エイズの影響を受け、孤児になった子供や
地域の子供を対象として活動を行っている小さなセンターがあります。
そのセンターに出入りしている子供たちの家にホームステイをし、
彼らが通う学校でワークをしました。
このコミュニティーへ行くのは、これで3回目ぐらいでしょうか。
顔見知りのスタッフ、村人、子供たちもいて、慣れたものです。

2日目のバイオガス施設の建設を手伝うワークですが、
ほとんど土木作業が中心になります。
ある程度、受入団体のスタッフが作業を進めてくれてあったのですが、
ペンキを塗ったり、セメントを運んだり、土を整地したりと、
炎天下の中、なかなかハードなワークとなりました。
通訳は見ているだけでもいいのですが、
クワを見ると昔を思い出してどうしても張り切ってしまいます。
最近、体を動かしていないので、思うように体が動きません。
翌日には何とか形になり、牛糞を投入し、
そして学校への贈呈式を行いました。
作業をした翌朝、うん、少し足と腰が重いかなと感じ、
手のひらは、クワを握っていたので、マメのように固くなっています。
年をとると、すぐには筋肉痛の症状が出ず、
これから少しずつ体がこわばってくるのでしょう。

一応、バイオガス施設は完成し、ホームステイも無事に終了、
怪我や病気もなく、楽しく交流会も終えることができました。
宿泊を伴うと疲れるのも事実ですが、
数日間、日本の人と過ごす中でいろいろな話ができて楽しいです。
次回は、また8月にこの村へ行くことになるかもしれません。
関連記事

| 通訳とか翻訳 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/181-82d1afd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT