やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めて見る卵

チェンマイに暮らして長いですが、初めて見ました。
ナイトバザールにも何度と足を運んでいるのですが、
これまであまり興味がなかったので覗いたこともありませんでした。

先日、知り合いの方のお供で、アンティーク・ショップ巡りをし、
古い陶器や仏像、あれこれ物色して歩きました。
私自身は、それほど骨董品とかアンティークに詳しくないので、
店の人が答えるタイ語を日本語に訳すだけです。
その答の真偽までは、私にはわかりません。
100年以上前のものと言われた仏像が、
どうも数年前につくられたものということもありました。

全くの偶然だったのですが、
ナイトバザールの中心にあるアンティーク・ショップで見かけました。
知り合いの方に「これ何だか知っているかい?」と言われて、
もしやと思っていたら、その通りでした。

P1040694.jpg

恐竜の卵(化石)だそうです。
何でも中国から入ってきたもので、
お値段は確か45,000バーツだったと覚えています。
こんなものがナイトバザールに売っていたんだと、感心しました。
これを息子たちに見せてやったら喜ぶだろうな、と思いながら、
でも店の人にはいい迷惑だろうなと、考え直しました。
と言って、私も大金をはたいて買うような趣味はありません。

他にも、サンカンペーンのアンティーク・ショップでは、
これまた、見たこともない青銅の人形に出会いました。
写真を撮ってこなかったのが悔やまれますが、
ベトナムで発掘された2,000年前のものだそうです。
その形状といい、表情といい、一度見たら忘れられません。
古代の人たちに、あんな発想ができたなんて本当に驚きです。

何軒かのアンティーク・ショップを回ってみて、
世の中、まだまだ知らないことだらけだと実感しました。
関連記事

| ちょこっと骨董 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/170-3c61b37a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT