やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近所の老犬

P1040647.jpg

近所の人が飼っている犬です。
長男が生まれた頃から飼っているそうなので、
もう20歳以上になるそうです。
この家もそうですが、タイでは放し飼いの犬が多いようです。
縛られるのが嫌いなタイ人の気質が関係しているのでしょうか。
暑い昼間には、ぐったりと寝ていて、夕方涼しくなると動き出します。

この老犬、私のことも顔見知りなので、吠えることはありません。
さすがにエサはやっていませんが、よく家の前で寝ています。
先日、季節外れの雨が降った夜などは、
鍵をしていなかった門扉を強引に体で開けて、侵入していました。
物音に気づいて少しドアを開けると、家の中にあげてくれという目で、
しばらく見つめられましたが、諦めてその場で寝ていました。
そのくせ、頭を撫でようとすると、ウーっと威嚇してきます。
飼い主の家には、もう1匹若い大きな犬がいるので、
老犬は近所を徘徊しながら、寝場所を探し求めています。

私がここに住み始めた頃は、この犬もまだ動きは敏捷で、
近所の犬が縄張りに入り込むと、吠えながら追い出したものです。
鼻の付近の噛みキズが昔の勇ましい頃を物語っています。
それが、最近では野良猫にもなめられて、動きも鈍くなりました。
歳のせいか目も濁っているようで、どのぐらい見えているのでしょうか。

家の前で寝るのには目をつぶるけど、
ノミを落としていくのだけは止めてほしい。
別に媚びなくてもいいけど、もう少しかわい気があればなー。
犬も人間も年をとると頑固になるのかな。


その後、6月に入ってから、静かに息を引き取ったそうです。
最後は自分で起きあがって排便に行けなくなり、
飼い主が抱っこして連れて行っていたそうです。
関連記事

| 生きているもの | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/167-9c8a0495

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT