やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イチゴ摘み

今年もソンクラーンの時期には、
例年のように連れ合いの実家へ帰省していました。
連れ合いと一緒になって十数年、一度も欠かしたことがありません。
実家は携帯の電波が届かない山奥で、雑貨店が1軒あるだけです。
数日ぶりにチェンマイへ戻ってみると、
パソコンは迷惑メールで溢れかえっていました。

実家からチェンマイに戻る当日、イチゴ摘みに行ってきました。
連れ合いの親戚が栽培しているのですが、この時期は収穫を終え、
もうどこにも出荷していないので、世話などはしていません。
水などはやっていないのですが、それでも実はなっています。

P1040638.jpg

斜面に植えられたイチゴ苗にはビニールマルチがしてあります。
私も収穫しましたが、すぐに腰が痛くなってへこたれてしまいました。
それでも、連れ合いや子供たちがたくさん収穫し、
イチゴの葉をクッション材代わりにして、チェンマイへ持って帰りました。

P1040639.jpg

実家の周辺は、山岳部で気候も冷涼なため、
イチゴの栽培に適しているのですが、この時期はかなり暑くなります。

持ち帰ったイチゴは、さっそく連れ合いが小袋に分け、
近所にお裾分けしていました。
日本のイチゴのようにものすごく甘いというより、
酸味の方が強いぐらいなので、
タイの人は、たいがい砂糖などをつけて食べます。
この時期のイチゴは、加工工場などへの出荷をしていないので、
農薬も使っておらず、安心して生食することができます。

夕食は、お裾分けのイチゴのお礼にと、数種類のおかずが
近所の人から差し入れられましたが、どれも私には辛すぎです。
関連記事

| 食べられるもの | 08:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/163-f4088e19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT