やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイ語の文章

ここ数日、タイ語の資料を目にする機会が多いです。
日本語への翻訳ではないので、そのままタイ語で
理解しているという感じです。

タイ語は一つの文章が長くて、日本語のように句読点がないので、
文や句の切れ目がわかりにくいと、よく言われます
実際、関係代名詞や修飾節がどこまでかかっているのか、
一読しただけでは、スッと頭に入ってこないこともよくあります。
また文の構成や語順の違いにより、文末から訳すことになります。

そんな訳で、タイ語の資料を読むには、結構時間がかかります。
日本語に訳すとなると、一度かなり大まかに筋を訳してから、
その後の校正や自然な表現にする方が時間がかかってしまいます。

日本語もそうですが、同じ意味、またはよく似た意味でも
場面や状況によって単語を使い分けています。
そこで同義語辞書なるものが必要になってきます。
タイ語も同じような意味なのに、いくつかの単語を使い分けています。
さすがにその使い分けに関しては、厳密には理解していません。
多分、ニュアンスのレベルでの違いだと推測するのですが、
そこまで来るとネイティブのタイ人に聞くしかありません。
ただ、どの単語を使うかというのは、その人の好みや癖もあり、
聞く人によって、明確な使い分けの回答がないこともあります。

日本語も難しいですが、タイ語にはまた違った難しさを感じます。

最近は、少し老眼が始まってきたのか、
細かな文字を読むのが辛くなってきました。
ましてや改行も少なく、単語の固まりのような
細かなタイ語文字の資料を手に取ると、
それだけで半分ぐらいヤル気が失せてしまいます。
特にホームページなどのタイ文字は、
拡大しないと読みにくくて仕方ありません。

泣き言はこのぐらいにして、
もう少しタイ語の資料に目を通しておきます。
関連記事

| 通訳とか翻訳 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/131-82627662

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT