やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

63th 緑の家ボランティア

1ヶ月半ぶりの緑の家でした。できるだけ継続して行けるようにとは考えているのですが、私の個人的な都合でどうしても不定期になってしまいます。もう師走に入ってしまいましたが、今年はもう1回ぐらい行けるでしょうか、微妙なところです。

この日は、私を含めて5名の日本人が参加しました。子供の家の男性スタッフや大きな男の子は近所の農家に脱穀のアルバイトに出かけていました。脱穀と言っても日本とは大違いで、乾燥させた稲穂を木にたたきつけて籾を落とすため、小さい子には務まらない重労働です。

P1030753.jpg

大きな子のアルバイトにと、1日150バーツぐらいの日当が出るそうですが、スタッフは日当をお米でもらって子供の家の食事の足しにすると言っていました。食べ盛りの子供が多いので、すぐにお米がなくなるそうです。

午前中は、男性スタッフも大きな子もいないので、いきなり私が任されて堆肥を作ることになりました。もともとは台所で出る残飯を堆肥化しようということで竹で四角く枠が作られていましたが、この日は落ち葉を集めて来て、また近所でもらった稲ワラを敷き詰め、そこに豚の糞を間に挟み込むように何層かに積み上げていきました。途中でEM菌を加えて発酵させた希釈液を混ぜ、最後に水を十分にかけておきました。

P1030719.jpg
P1030724.jpg

さあ、上手く堆肥になってくれるでしょうか。

ワラがあるとすぐにこういう遊びになります。

P1030730.jpg

私も子供の頃はよく遊んで、両親や農家の人に怒られたものです。遊んでいる時は楽しいのですが、寝る時には痒くなって、お風呂に入るとチクチクしたのを今でも覚えています。ワラの家やトンネルをよく作ったものです。子供たちもワラの中に隠れたり、マット代わりに飛び降りたりと、一通り楽しんでいました。

P1030731.jpg

午後からの活動というか、私の趣味でやっている子供たちとの遊びですが、紙相撲を準備して行きました。

P1030746.jpg

先日チェンマイであったアマチュア相撲大会を見学に行ったと聞いていたので、前夜に土俵などを仕込んでおきました。最初は一人の男の子が興味を持って二人で話しながらやっていたのですが、その内に一人また一人と増えてきました。いつの間にか、私は紙の力士を切り取るのに追われて、子供たちは色を塗ったり、名前を書いたりして、勝手に取り組みに興じていました。

P1030748.jpg

みんなすぐに飽きてしまうかなと思っていたのですが、うれしいかな、予想以上に盛り上がっていたようです。

お菓子を食べてからは、持って行った連凧を揚げてみました。昔に日本人の知人からもらってずっと家で眠っていたのですが、最近道路沿いで凧を売っているのを見かけて、引っ張り出してきたものです。この日はあまり風がなかったので、子供たちは凧を持って刈り取りのすんだ田圃を走り回っていました。凧揚げの写真ですが、自分で写真を撮らなかったのでmixiのコミュニティの中だけです。もう少し風があると楽しいなと思いながら、また時期を見計らって、子供たちと一緒に作って凧揚げをしてみたいものです。子供からは、5つの連凧を切り離して一人一人に配ってとねだられましたが、凧糸もなかったので何とかごまかしました。

畑はいつものように雑草がいっぱいでした。でも果樹やバナナが順調に育ってくれたら、まあいいのかなと思うようになってきました。

P1030760.jpg

どうしても見た目がきれいなことにこだわってしまいがちですが、これまで植えた木が枯れずに少しずつでも成長してくれればいいかなと感じるようになりました。子供に多くのものを求めたり期待をかけ過ぎるのではなく、健康で幸せに暮らせていければ、それで十分なのかなと思うこの頃です。
関連記事

| これもボランティア | 23:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お世話になっております。

川口さん。
お元気そうで何よりです。
掲載のお知らせ等いつもありがとうございます。
今月10日からまた深南部へ取材に行きます。
バンコク着いたら連絡いれますね。

| Soichiro koriyama | 2007/12/04 13:36 | URL |

気をつけて!

今月23日には総選挙を控えています。
相変わらず無差別なテロが続いているようですが、
安全には気をつけて、いい写真撮ってきてください。

| ポーヤス | 2007/12/04 22:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suyasuya.blog84.fc2.com/tb.php/113-a136bd2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT