やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

何ヶ月ぶりだろう

この日曜日、久しぶりにサンカンペーンにある子供の家へ行ってきました。2ヶ月、いや3ヶ月ぶりぐらいでしょうか。

今、子どもの家は、財団マネージャーのエーク先生、男の子が4名、女の子が2名の7人で暮らしています。5月に植えた200本以上のパパイヤにも実がつき始めました。苗つくり、スプリンクラーの設置、草引き、スタッフのエーク先生が、資料や文献を読みながら、子供らと試行錯誤を繰り返し、ようやく実をつけました。

DJI_0003.jpg

この時期はパパイヤもたくさん採れるらしく、値段は安いのですが、販売を始めているそうです。

2016-11-20 11.08.50

このパパイヤ、3年ぐらいは実が採れるのですが、反対に言えば、3年経てば木を切り倒さなければなりません。また、7~8月頃がパパイヤの値段が高くなるので、それに合わせて来年1月に第2期の植え付けをするそうです。そのための苗つくりも進んでいます。

2016-11-20 11.04.19

以前、養蚕をするためにみんなで植えた桑の木もすでに取り除かれ、パパイヤ植え付けの準備が進んでいます。

2016-11-20 11.04.24

ここは、以前、緑の家プロジェクトでマンゴや果樹を植えたり、ちょっと前までは畑や鶏舎がありましたが、そこもパパイヤの植え付け予定地になっていました。

2016-11-20 12.03.14

この日のお昼は、ちょっと変わったタイ料理です。プラトゥー・ミアン「เมี่ยงปลาทู」といいます。レタスなどの葉っぱにカノムチーン(にほんの冷麦みたいな感じ)や魚の身を入れ、辛いタレをつけて、葉っぱで包んで食べます。

2016-11-20 12.17.31

こんな感じです。みんなでワイワイ、手巻きしながら楽しく食べました。

2016-11-20 12.31.43

朝、近所の市場で麺を多めに、また辛いスープも少し買って行ったので、スープ麺としても食べました。

いろいろなものが変わっていきます。スタッフ、子供達、施設の環境、畑の様子など。でも、そこには子供たちの暮らしがあり、一緒にお昼ご飯を食べるだけですが、子供たちの笑顔や笑い声が響き合います。その時間が、楽しいと感じられる限り、いつまで続くかわかりませんが、子供の家へ通い続けたいと思います。
関連記事

| これもボランティア | 10:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |