やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016 タイの新年

タイの新年、ソンクラーンですが、チェンマイに住むようになってから、毎年、連れ合いの実家の村に帰省しています。昔は一緒に行っていた息子たちも成長し、上の子は去年からチェンマイ市内の自宅に残って、村へは行かなくなりました。今年は、下の子をカラオケ担当ということで、半ば強引に連れて行きました。来年、再来年と、息子たちが成長するにつれ、母の実家で伝統的な正月を迎えるより、市内でコンサートへ行ったり、友達と水かけを楽しむようになるんでしょうね。

4月14日が大晦日、15日が元旦ということで、その行事も毎年同じような感じです。でも、続けて通っていると、当時小さかった子が成長し若者になり、大人に交じって酒を飲んでいたり、小さな子を抱いているのを見ると月日の流れを感じます。去年、一緒に家々を回り共にお酒を飲んで酔っぱらった男性が村の女性と離婚してしまい、今年は来なくなったりということもあります。

2016-04-14 09.22.37

連れ合いの母、義母が暮らす実家に着くと、さっそくお菓子作りが始まります。私はほとんど手伝うことはないのですが、ココナッツの甘煮の具をもち米の粉で包み、バナナの葉で包みます。これを蒸すと出来上がりで、この時期にはどの家でもつくるようです。

2016-04-14 16.59.04

今年は川にせり出すように舞台ができて、そこでカラオケ大会が行われていました。

2016-04-15 09.14.51

14日の夕方に、村の人が砂を運んでつくった砂の仏塔で、15日の朝、それぞれの家が旗を持って来てここに差します。

2016-04-15 10.02.53

2016-04-15 09.28.36

15日の朝は、村の人がお寺に集まり、新年の儀式が行われます。

2016-04-15 11.13.29

2016-04-15 11.18.11

1年に1度、この日にだけ村の寺所有の仏像が表に出され、それぞれの仏像に水をかけます。

2016-04-15 11.17.50

見慣れたお寺ですが、お参りするのは1年に1回、多くても数回程度ですが、毎年来る度に新しい建物が増えたり、整備されて立派になっていきます。

2016-04-15 18.12.36

そして15日の午後からは、村中の家を回って、年長者に新年の挨拶をします。各家では、手作りのお菓子やお酒などの飲み物を用意して、客人をもてなします。

2016-04-15 15.40.48

それぞれの家で出される食べ物はだいたい同じような物なのですが、この家では、クエッティオ(タイの麺)が振る舞われて、行列ができるほどの人気でした。

2016-04-15 17.11.50

今年も酔っ払い楽団が、音楽で盛り上げてくれました。

2016-04-15 15.25.56

一通り飲み食いし、歌や踊りで盛り上がったら、最後は年長者からお祝いの言葉をもらって、その家がお開きになり、次の家へと向かいます。今年は村の南側から始まったのが午後14時頃で、最後の家に着いたのは10時頃近かったです。その間、ビール、ウィスキー、薬草酒を飲み、お菓子を食べ、スイカ、マンゴー、ソムタム、焼肉、ヤム、お腹いっぱいになりながら、家々を回ります。行く先々では、子ども達が酔っぱらった大人に水をかけて喜んでいます。服が乾いたころに、またどこからか水が飛んできて、ヒヤッとさせられます。

最後の方の家で、顔は知っているけれども名前も知らない村のお祖母さんから、「今年もよく来たね。あんたは、毎年、来てるんやね。」と言われた。1年に1回しか会わないのに、自分のことを覚えていてくれ、そして労りの言葉をかけてもらえて、何か、来てよかったなと思う一瞬でした。

こうやって今年も、また無事に連れ合いの実家でタイの正月を迎えることができ、感謝するばかりです。そして見慣れた村の人の顔を見ると、みんな無事に過ごしてきたんだなと感慨深いものがあります。来年のことはわかりませんが、元気に村へ帰って、村の人に迎えてもらえることを願うばかりです。
スポンサーサイト
関連記事

| チェンマイって | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読みが甘かった

いよいよタイのお正月、ソンクラーンの週に突入しました。月、火は休日ではありませんが、すでに皆どこかソワソワ、お祭りモードに移行しつつあるように感じます。この水曜日から日曜日までが連休になる訳ですが、その前に、恒例の90日レポート提出のためにイミグレへ行ってきました。

日曜日明けの月曜日、連休前ということもあり、申請者が多いかもという危惧はあったのですが、反対に90日レポートを届け出るような長期滞在の人は、ソンクラーンを前に帰国したり、遊びに行ったりと、もうチェンマイにはいないのではないかという読みがありました。意外と少ないかな?という予想は大いに外れました。

実は先週の木曜日、この日もたまたま休日明けだったのですが、朝9時頃に行ったら、既に長い列ができていたので、今日は、もっと早く行こうということで、朝6時40分にはイミグレ(プロムナード事務所)に着きました。今までの空港近くのイミグレとは違い、90日レポート、このぐらいの時間に行ったら楽勝だと考えていたのですが、到着して愕然としました。すでに長い列ができていたのです。

2016-04-11 06.44.18

イミグレの入口は奥の方にあって、自分が並んでいる場所から入口は見えないぐらいの長蛇の列でした。たまたま、日本人の方の後ろだったので、あれこれ世間話をしながら時間を潰すことができましたが、ずっと立ちっぱなしで足や腰が痛くなりました。家から折り畳みのイスを持ってきたらよかったなと後悔しましたが、家を出る段階では、かなり先頭の方でイスがあると思っていたので、後の祭りです。

2時間立ちっぱなしで8時半になっても、整理券を配る気配なしで、結局、今日は整理券を配り始めたのが9時を回っていました。

2016-04-11 09.03.58

ふと後ろを振り返ると、また同じぐらい長い人の列ができていました。チェンマイに、こんなに90日以上滞在している外国人がいるんだな~と感心すると同時に、やはり以前に比べて増えていることを実感しました。

2016-04-11 08.57.36

列がイミグレの入口に近づいていくと、コピー屋さんが目に入りました。その手前に、前回はなかった「G4T」という会社が入っていました。室内はクーラーが効き、余裕でイスにも座れます。入口の看板には、ビザ申請のお手伝いをするようなことが書いてあります。え、こんなところにエージェントが入っているんだ~、正直に2時間も立ちっぱなしで並んでいる自分が何だかな~と複雑な気持ちになります。ネットで調べてみると、90日レポートは300バーツぐらいでやってくれるようですが、直接確認していないのでわかりません。って言うか、今や200バーツ払えば、代わりに並んで番号札を取ってくれるサービスがあるという話です。その金額で朝早くから並んで疲れないで済むなら、決して高くはないのですが、なぜか今の時点では、素直にそのサービスを受ける気になれません。

2016-04-11 09.19.33

よくやく9時10分過ぎに整理券、それも手書きの88番をもらいました。何時頃になりますかと聞いたら、一応午前中と言われました。今日の午前中受け付け分は、整理券番号90番までだったようです。

それならば、どこへも行かずここで待とうかと、前に並んでいた日本人の方とコーヒータイムとなりました。プロムナードのデパート自体は開店していなかったのですが、上のコーヒー屋さんはすでに営業を始めていました。この時点では、まだエスカレーターは動いていませんでした。

2016-04-11 10.30.23

10時半頃、さてどのぐらい番号が進んだかなと下の受付カウンターを見に行ったら、まだ16番でした。うむ。これは尋常ではないと実習生らしき学生に聞くと、PCシステムの不具合とかで届け出の受理が止まっていました。まあ、よりによってどうして今日なの?というのが本心です。「自分は88番だけど、午前中に終わるのかな?」と聞いてみました。どうせ午後になるなら、どこかへ買い物にでも行ってこようかなと考えたからですが、「いや、午前中に終わります!」と言い切られてしまったので、諦めてそこで待つことにしました。

ここで騒いでも仕方がないので、まだ開店前のデパートを散歩することにしました。ここで歩数を稼いでおこうということで、あちこち歩き回りました。そして、ぐる~っと回って戻ってみると、システムが回復して、申請の受け付けが始まっていました。そこからの書類審査の早いこと、やればできるじゃん、、ということで、その後の追い上げが功を奏したのか、88番は12時10分前には無事に終わりました。

2016-04-11 10.28.18

ちなみに、今日は10時半頃には、90日レポートの午後の整理券も配布し終えていました。

よく考えたら、ギリギリ午前中の整理券88番で喜んだものの、91番ぐらいをもらって午後1番の方が、9時過ぎに整理券をもらってから自宅へ戻ったり、他の用事をしに行ったり、そっちの方が楽だったかなと、後から思いついたのでした。

【今日の教訓】 *その日、時期によっても違うと思いますが。

 ・たとえ90日レポートであっても、甘く考えない。
 ・できるだけ休日明け、連休前は避ける。
 ・折り畳みのイスを持って行く。
 ・午前中の早い時間を狙うのであれば、6時半より早く行く。
 ・反対に午後の1番を狙うのもあり。
 ・10時半を過ぎるとその日の整理券配布が終わるので注意。
 ・体力的に厳しい時は、200~300バーツでサービスを受ける。

≫ Read More

関連記事

| 手続き関連 | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しい飲物が、、、

最近のチェンマイでも、日中は30度を超える暑い日が続いています。夕方になってもなかなか気温は下がらず、生温かい夜を過ごしています。こういう暑い時は、やはりさっぱりと冷たいジュースが飲みたくなります。よくアイスコーヒーは飲むのですが、1日に何杯も飲むのは良くないと思い、たまに果物シャーベットなど、いろいろなジュースを試しています。

近所のセブンイレブンのすぐ近くにある屋台のジュース屋さん、何を飲もうかと迷っていたら、一つの看板が目に入りました。

2016-04-01 18.03.37

“ヤクルト・グリーンティー”って何ですか。名前からするとヤクルトの入った緑茶ということになります。これは飲んだことがないぞ、30バーツとちょっと高めですが、さっそく注文してみました。

お母さんらしき人が作っている間、娘さんに近くのセブンイレブンへヤクルトを1本買いに行かせていました。最初、買って来たのを混ぜるのかなとも思ったのですが、次のお客さん用のストックのようです。常に氷の入ったクーラーボックスにヤクルトが1本入っているのでしょう。

タイのヤクルト、昔は1本5バーツだったので、我が家でもよく飲んでいたのですが、7バーツ、8バーツに値上がりしてからは、めっきり飲まなくなっていました。その8バーツするヤクルトを丸々1本そのまま緑茶に入れていました。

で、結局、味の方はと言うと、ほとんど緑茶の味がわからない、薄めのヤクルトを飲んでいるという感じでした。知らずに飲んだら、きっと緑茶には気がつかないかもしれません。まあ、タイの緑茶自体が、ペットボトル売りでもハチミツ・レモン味が売っていたりと、何だかよくわからなくなっています。
うっ、今気がついたのですが、もしかしたら、ベースの緑茶もペットボトルのものを使っているのかもしれません。今度は違うものにチャレンジしてみたいと思います。もう、これはいいや。
関連記事

| 食べられるもの | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スイカの季節

スイカ、最近はタイでも1年中いつでも売られるようになりましたが、この時期になると道路沿いなどで山のように並んでします。特に、サンカンペーンの温泉に向かう幹線道路横では、この季節だけ仮設の販売所が建ち並びます。

2016-04-01 16.39.14

以前は、この周辺で栽培されていたそうですが、今年は水不足で、近くではほとんど栽培できないそうです。そこで、割と水のあるランプーン県の別の地域で栽培して、ここまで運んできて販売しているとのことでした。

2016-04-01 16.38.33

この日は、kg当たり15バーツでした。4kgの中振りの大きさで60バーツ(約200円)です。最近は、種なしスイカなんかも売られていますが、値段が高くそんなに出回っていません。

2016-04-01 16.38.19

甘さは?と聞かれると、まあまあとしか答えようがありません。悪くはないですよ。

2016-04-01 16.41.05

山積みされたスイカの後ろにはドーム型のテントもあります。夜は泊まってスイカの番をするのでしょうか。

ソンクラーンで連れ合いの実家に帰省しても、必ずスイカが出されます。やはり暑いこの季節に食べるスイカは、おいしいです。
関連記事

| 食べられるもの | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新品なのに

3月に入っても、アレルギー性の鼻炎で、体調があまり良くありませんでした。そこで、少し運動をして免疫力を上げようではないかと、毎日の散歩にもう少し時間を割くようにしました。これまでも、朝夕にサンダル履きで近所の回りを歩いていましたが、運動というより気分転換でブラブラするという感じでした。

歩数計は、昨年日本へ帰国した際に買って来たのがあったので、じゃあ、1日1万歩を目指すことにしました。歩数計の記録を見ると、だいたい1万歩だと8km前後、時間にすると100分ぐらいを費やしています。近所の回りを1周すると約900歩ぐらいなので、10週以上は回らないといけません。実際は家の中でもうろうろするので、その分が加算されますが、朝方に2~3週ぐらい、残りは夕方にまとめて歩くというペースで、この1週間以上、連続10日目に入りました。私にとっては、長続きしていることはスゴイことです。

散歩を続けるために、まずしたのが靴を買うということです。決してブランドメーカーの高価な靴ではありませんが、私が普段買って履いているような300~500バーツの靴ではなく、もう少し高いしっかりしたランニング用の靴を買いました。実は、過去にも同じような試みをしたことがあるのですが、3日坊主で終わったことがあります。基本的に、靴下を履いて靴を履き、ヒモを結ぶというのが嫌いで、裸足に近いサンダル履きで歩くのが好きな性分です。でも、今回は選んだ靴がよかったのか、3日を過ぎて、今も散歩が続いています。

しかし、初日からずっと気になっていたことがあります。靴を買った時点ですでにヒモは通してあり、そのまま使っていたのですが、どうも左右でヒモの長さが違いように感じます。最初は、気のせいかなと思っていたので、緩めたり締めたりして調整をしてみるのですが、どうしても同じにはなりません。ヒモが長いと結んでいても、歩いていて靴に当たって気になります。でも新品で買って、最初から通されていたヒモだから、まさか左右で長さが違うなんてことはないだろうと思っていました。

昨日、試しに新しい靴ヒモを買って来て交換してみることにしました。結果、やっぱり左右で長さが10cmも違っていました。どうしてこんなことが起こるのか不思議なのですが、自分の感覚が正しかったことになります。いつもより高い靴で新品だから、そんなことはないと思っていましたが、タイではそんな考えられないようなことが起こってしまうんです。

昨日は夜遅くまで飲んでしまったので、朝もゆっくり起きてきて、まだ散歩に行けていません。夕方にまとめて1万歩を超えるのか、連続記録は今日で終わりになるのか、どうなるでしょう。
関連記事

| 健康なこと | 10:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。