やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ちょっと変化!

午後から、空軍基地内にある事務所に、自動車やバイクの「基地内通行許可証」を受取に行ってきました。申請したのは昨年の12月で、受取がこの時期になります。この許可証があると、我が家からチェンマイ大学方面へ行くのは、かなり便利になるので、毎年、申請しています。

さて、その後、チェンマイのイミグレへ90日間の住所届出に行ってきました。一応今回の作戦は、15時半ぐらいに行けば、そんなに人も多くないだろいうというものです。実際にイミグレに到着したのは、15時20分で、その時点で整理番号が661番、自分の前に16人の待ち状態でした。

2015-01-23 15.21.59

この整理番号、よく見ると今日の日付がプリントされています。ということは、毎日、この番号をプリントして小さく切っている作業を誰かがやっているということになります。

今まで手書きだったのですが、今回からプリントアウトされたものを渡されました。出入国カードのバーコードを読み取り、パソコン内に情報を打ち込み、あらかじめ印刷、サイン、ハンコの押された紙にプリントするという流れです。そのA4サイズの1/3ぐらいの紙ですが、誰かのパスポートをコピーした裏紙でした。プリントされた紙を四つ折りにしてパスポートのページにホッチキスで留めてくれるのですが、ちょうど次回の期限が正面にくるようになっています。今回は係官ではなく、実習中の学生みたいなお兄ちゃんがすべての手続きをやっていました。パスポートもほとんどのページをコピーしていったのですが、写真のあるページと出入国カードだけでよかったみたいで、残りのコピーは返されました。

手続きが終わったのが16時20分まえ、約1時間かかったことになります。手書きの作業がなくなり、パソコンでデーター処理、プリントアウトになった割には、時間がかかっています。申請者の中には、書類が不足しているのか、制度がよくわかっていないらしき人がカウンター越しに、係官と延々と話し込んでいる人が、必ず何人かいます。今日なんか、自分のノートパソコンをカウンターに置き、係官に画面を見せながら何かを説明していました。パスポートをコピーして、申請書に必要事項を書き込んで提出すればいいだけなのに、「何をしとるんじゃ~!」という感じです。係官もそんな人は後回しにしたらいいのにと思うのですが、なぜか係官も、そういう人たちには悠長に付き合うんですよね。

次回の届出は、4月のソンクラーン明けの予定です。めんどくせ~!
関連記事

| 手続き関連 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歯垢の除去

近所の総合病院の歯科で、一応は歯の根管治療を終え、今は特にどこかが痛いわけではないのですが、今回の痛みによる腫れ、根管治療の経験を通して、やはり予防、普段からの歯のケアが大切だということをしみじみと感じました。そこで、これまでお世話になっていた歯科クリニックへ行き、まずは歯垢をとって来てもらいました。

ちょうど義母がグラグラしている歯を抜きたいということなので、一緒に出かけました。夕方、クリニックに着きましたが、先に来た人から順番で、予約などはできません。前の患者さん一人を待ってから、義母の番が回ってきました。抜歯に5分ぐらいかな、10分はかかっていないと思いますが、あっという間に終わって、費用は300バーツだけでした。

私の方は歯垢の除去だけなんですが、歯の根元の方は、「痛い!」というまではいかないのですが、ちょっと沁みる感じでした。前歯とかもきれいにしてもらい、私も300バーツで済みました。ここの小さなクリニックには、レントゲンもないし、様々な補助器具もありませんが、先生は治療の後に鏡を渡し、丁寧に説明をしてくれました。その際に、「ฟันคุด」(ファン・クット)親不知、について言われました。変な方向に生えてきていて、今の所は特に問題ないけれども、食べ物カスが溜まりやすいので丁寧に磨くようにとのことでした。でないと、その隣の歯が虫歯でやられてしまいますよ、忠告を受けました。いや、この歳になって手術で親不知を抜くのは極力避けたいものです。極度の怖がり、痛がりなもので。

そんな訳で、心を入れ替えて、今年からは歯磨きと歯のケアに邁進していく所存であります。
関連記事

| 健康なこと | 11:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漢方薬の効き目?

歳をとるとともにあちこちにガタが出てきました。歯の治療もしかり、老眼もしかり、それ以外にもいろいろあります。ただ、最近は病院での定期検査を受けておらず、もっぱら月一のペースで中国医の所に通っています。

今日も1ヶ月ぶりにタイ人の連れ合いと行ってきました。いつものように脈診の後、足の裏のツボを押されたのですが、そこがものすごく痛くて、先生に「胃が弱っていますね!」と指摘されました。そう言えば、昨年末においしいピザとラオスの黒ビールを飲んで、翌日に体調を崩してから、しばらく食欲がありませんでした。何を食べても胸焼けのする日が続いていましたが、最近はかなり回復していたところです。

あとは相変わらず甲状腺に問題があるそうで、足の親指の関節を擦られると激痛が走ります。結局、続けて漢方薬を飲むことになりました。診察の後は、気功をしてもらい、ちょっと体が楽になった気がします。私の番が終わると次は連れ合いが診てもらっていました。

2015-01-13 10.57.22

「お茶は飲みますか?」と聞かれて、「はあ、家で飲んでますが…。」と答えると、新年のプレゼントにと、こんなお茶をもらいました。最初は、何のお茶か良くわからなかったのですが、プーアル茶でした。結構、貴重なお茶なようで、どんな味がするのか楽しみにしています。先生の話では、時間が経てば経つほどおいしくなり、値上がりするとのことでした。

2015-01-13 10.57.11

漢方を飲むだけではなく、合わせて足のツボのマッサージをするように言われたので、サボらずに毎日続けようと思います。
関連記事

| 健康なこと | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LEDのデジタル時計

めっきり老眼が進行して、小さな文字や暗いところでは文字がぼやけてしまうようになりました。寝室の時計ですが、以前は枕元に小さな目覚まし時計を置いていたのですが、確認するのが面倒くさくなり、2年ほど前から壁にLEDのデジタル時計をつけています。

乾電池式ではなく、コードで電源をとるタイプの時計で、以前は停電後に電気が復旧しても時刻を調整する必要はありませんでした。それが、最近はいつの間にか時刻が狂ったり、真夜中に急にアラームのメロディーが鳴り出したりと、そろそろ寿命なのかと諦めていました。今まで使っていたのは数字が青色だったのですが、ネットで調べるとLEDの青色の光、ブルーライトはあまり良くないという説もあり、それじゃということで、目にも優しい緑色を探してみることにしました。有名なメーカーでは作っておらず、中国製でデパートや大型スーパーのワゴン販売で見かけます。数字が緑色、日付や気温の表示のない時刻だけのシンプルなタイプを、チェンマイで探してみたのですが、なかなか見つかりませんでした。ワローロット市場へも行ってみました。結局、何軒目かで希望の時計を見つけて購入しました。

ちょうど探している時に、ある時計屋さんに「それは壊れたのではなくて、バックアップ用の電池が切れているだけだから、交換したら直るよ!」と言われました。半信半疑で、古い時計を持って行き、ボタン型の水銀電池を100バーツで交換してもらったら、なんと復活しました。

という訳で、今、我が家には同じ型の時計が2個もあります。でも青色は目に良くないというイメージが出来上がってしまったので、結局、新しく購入した緑色の時計を寝室に取り付けました。でも別のタイ人には、「寝室には青色の方が合っていて、緑色は蛍光灯のように明る過ぎる。」と言われました。

2015-01-07 15.45.27

上が古い時計で電池交換で復活した青色、下が今回新しく購入した緑色で、どちらも同じメーカー、型番で時刻表示のみです。よく見ると、確かに緑色の方が少し明るいように感じます。

2015-01-07 15.45.17

買った箱には、大型バスのイラストがあり、車内用のコードも付属品としてついていました。この時計は、夜行寝台バスに取り付けることも想定されているのでしょう。反対に、私のように寝室に付ける人は少ないのかもしれません。でもこのデジタル時計に慣れてしまうと、もう寝室の暗闇の中では手放せません。
関連記事

| やっぱ気になる | 09:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まずは治療終了

前回の治療から3週間あけて、2回目の歯の根管治療「การรักษารากฟัน」に行ってきました。昨日、予約確認の電話が日本人女性からあり、早口だったので最初は誰かわかりませんでしたが、病院通訳の方のようでした。結局、時間通りに行ったのですが、今日は30分以上待たされました。

長い時間口を開けるため、、今回はゴム製の塊を噛みました。また前回と同じように治療する歯の周りにゴム製のシートでカバーをしての治療でした。名前はわかりませんが、こういう補助器具があると便利ですね。

その後の経過も良く、化膿もしていなかったので、2回目で完全に神経の穴を塞ぎました。途中でゴムを噛んだまま、隣の部屋でレントゲンを撮り、問題がなかったので、そのまま治療台に戻って継続。ほとんど痛みもなく、これで根管治療は終了しました。残るのは、神経がなくなり弱くなった歯をどうするかということです。そのまま詰めるだけでもいいのですが、今度、歯が割れてしまうと、せっかく根管治療をしたのに抜歯するしかありません。

そこで医師から説明があったのは、今回治療した歯にファイバーで芯を補強し、義歯を被せるというものです。ただ、そのすぐ隣の歯はすでに抜いて欠けている状態なので、一つ飛ばして、隣の健康な歯とブリッジにして義歯をつくるというものです。費用は決して安くないのですが、これからまだまだお世話になるので、残った歯を大切にしたいと、ただ今、思案中です。
関連記事

| 健康なこと | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年スタート

2015年、2558年、
新年、明けましておめでとうございます。

年末から、日本人女性3名が我が家に泊まり込み、チェンマイでの年末・年始を楽しんでいきました。私は、もっぱら現地ドライバー化していたのですが、大晦日も迫った数日前に下痢に見舞われてしまい、少々苦しみましたが、何とか今年も穏やかな新しい年を迎えることができました。

大晦日は、2年ぶりにピン川沿い、市内へ出かけてコムローイ上げとカウントダウン、打ち上げ花火を堪能しました。が、あまりにも至近距離での花火に、正月早々、正直なところちょっとビビりました。

元旦は恒例の初詣です。今年はちょっと遠出して4ヶ所のお寺を回りましたが、このパターン、過去にもあったのを思い出しました。違ったのは、ネットで見かけた山の上の仏塔に足を運んだことです。そして、この日は父親の命日でもあるので、お寺でお祈りの供養をしてもらってきました。

2015-01-01 12.20.42

今年は未年ですが、なぜかタイでは山羊年のようで、お寺で見つけた十二支はこんな感じでした。

2015-01-01 16.40.21

一人帰国し、また一人とみんな日本へ帰っていき、我が家はまた静かな日常を迎えています。この5連休も終わり、いよいよ明日から職場や学校が始まります。自営業の私の仕事始めは、まず歯医者へ行ってしっかり歯の治療をすることです。

かなり不定期な記事の更新になりますが、今年もできるだけ続けていこうかと思っていますので、どうぞ、よろしくお願いします。皆様にとって、今年が良き年になりますように!
関連記事

| あれこれ思う | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |