やすやすとチェンマイ暮らし

...チェンマイに暮らす中で、日々の出来事や個人の想いを綴っています。

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

豚の串焼き

タイ人の連れ合いに声をかけます。
「次の日曜日ぐらいに子どもの家へ行こうか?」
すると「いいわよ。」との返事が返ってくるのですが、
じゃあ、お昼は何がいいかしらと、
メニューに悩むことになります。

私はただの運転手ですが、メニューを考える手伝いで、
あれがいいだの、これはどうだのと、意見だけ出します。
結局、今回の昼食はもち米、ソムタム(パパイヤサラダ)、
ナームプリック・ヌム、豚の串焼きに決まりました。
子ども達も一緒に豚肉を串にさしたり、
自分たちでソムタムを作ったり、参加できるからです。
それじゃ、3時のおやつは、ルークチン・ムー(豚肉団子)と
ホットドックを焼いたのにしようと話し合いました。

買い出しはすべて連れ合いがやってくれます。
前日に市場へ行き、豚肉を買って、夜のうちに漬けこみます。
焼きルークチン用のタレは、連れ合いがGoogleで調べて、
自家製のタレを前日までにつくって、まずは家族でテスト。
テストをパスしたので、事前につくって持って行きました。

さて日曜日の昼前、子どもの家に着きましたが、
翌日の月曜日がテストということで、
中高生の大きな子はテストに備えて勉強に余念がありません。

CIMG2231.jpg

そこで小学生の子どもらと男性スタッフで準備をしました。

CIMG2233.jpg

勉強を終えた大きな子も手伝ってくれました。

CIMG2325.jpg

大きな子がいないので、運転手も焼く手伝いにまわります。

CIMG2241.jpg

今回は炭火ではなく、自宅から持って行った
電気製のもので焼きました。

CIMG2232.jpg

3つのグループに分かれて、もち米のお昼です。

CIMG2303.jpg

3時前になると今度はルークチン焼きです。
みんな食べる食べる、大好きです。
余分に残ったのは、手伝ってくれた女の子で山分けです。

CIMG2378.jpg

CIMG2376.jpg

子ども達と他愛もない話をしながら、
串に豚肉を刺したり、豚串を焼いたり、
のんびりした時間の中で、準備から楽しめました。
子ども達には、料理の経験と楽しさ、
自分でつくる、手伝うことを学んで欲しいと思っています。

≫ Read More

関連記事

| これもボランティア | 09:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ90日か

タイに暮らす外国人には避けて通れない、
90日間の住所届出の時期が巡ってきました。

早いもので、前回からもう3ヶ月になります。
前回、午後から行ってあまり混んでいなかったので、
今日も家を午後2時半に出ました。
もちろん、天気がよかったのでバイクにしました。
イミグレに着くと、案の定、車を止めるところはなく、
何とかバイクを止めることができました。
それにしても駐車場に屋台を出す許可をするぐらいなら、
本来の目的である駐車場として使った方が、
車1台、バイク数台が止められるのに、どうして??

イミグレに到着し、建物の中に入り、
すぐにカウンター真ん中のインフォメーションに並びました。
私の前には3人ほどいたのですが、
西洋人の女性が、オーバーステイなのか、なかなか終わらず、
ふっと横を見ると、住所届出のカウンターには誰もいません。
整理券の番号も650、651で止まったままです。
要するに、住所届出は誰も順番待ちがいないということです。
列の最後尾だったので、そこを離れ窓口の係官に、
「整理券なくてもいいですか?」と聞くと、
並んでいた列を指さし、まず整理券をもらって、と言われました。
仕方なく列に戻っても、さっきの女性がまだ食い下がっていて、
整理券をもらうためにしばらく待つことになりました。
なかなか自分の番が回って来ないので、
住所届出の係官が立ったのを見計らって、
「さっきから待っているんですが、まだもらえないんですよ。」
と言うと、その係官が面倒臭そうに整理券をくれました。
列の前の人を2人ほど飛ばして、住所届出の手続きに行きました。
準備してきた書類とパスポートを渡すと、すぐに終わりました。

それだったら、住所届出は600番台と決まっているわけだし、
手続き窓口で整理券を渡すとか、そういう臨機応変な対応が、
どうしてできないんでしょうね。
住所届出受付の係官も、その間何もしてない訳だし、
インフォメーションの窓口に女性(学生の実習)が一人、
それではさばき切れないし、整理券発行の機械は修理しないの?
住所届出の窓口も今日はパソコンにデーターを入力しておらず、
というか誰もおらず、パソコンの電源もついていませんでした。

来月には日本へ一時帰国の予定なので、
そうすると、またタイに戻ってからカウントが始まり、
今回、住所を届けた分もタイを出国した時点で終わりになります。
それでも、届けておかないと出国時に罰金を徴収されます。

この90日毎の住所届出がなくなるという噂もありますが、
そうなったらうれしいですね。ぜひ、そうして欲しいです。
関連記事

| 手続き関連 | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カブトムシ

ここ最近、何回か郊外へ車を走らせていると、
道路沿いの店に何かぶら下がっているのを見かけました。
今年は、いつもより少し時期的に遅い気もするのですが、
カブトムシ売りです。

2013-09-18 14.15.56

短く切って皮をむいたサトウキビに
紐でくくったカブトムシを売っています。

タイにも、いろいろな種類がいるようです。

2013-09-17 17.14.55

まあ、一番お手頃で、よく見かける2本角です。
小さいのは1匹20Bぐらいから、
大きくて強そうなのは、600Bの値段がついていました。

2013-09-18 14.05.01

背中が黄土色で、角は5本あります。

2013-09-18 14.10.50

角は3本ですが、体格が大きい種類です。
普通は600Bぐらいするそうですが、
この写真のカブトムシは、
前足の一部がなくなっているということで、
半額の300Bでした。

2013-09-18 14.11.16

軒下にはたくさんのカブトムシが下がっています。

2013-09-18 14.12.35

2013-09-18 14.12.21

2013-09-18 14.12.29

カタログではないですが、写真がありました。
クワガタは少ないようで、あまり売っていませんでした。

これらのカブトムシ、飼育して楽しむというより、
闘わせて、それにお金をかけることもあるようです。
以前は、市内でも闘カブトムシを楽しんでいる場所がありましたが、
最近はめっきり見かけなくなりました。

闘わせるのに適しているのは、やはり2本角の種類です。
木でつくった土俵や奮い立たせるための棒なども売っています。

2013-09-18 14.11.33

お店には、闘カブトムシ大会へのお誘い案内がありました。
子供のお楽しみというより、大人が結構はまっています。
うちの息子たちも小さい時は喜びましたが、
今はパソコンでゲームの方に興味があるようです。
関連記事

| 生きているもの | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラゴンフルーツ

もう何年も前にドラゴンフルーツの苗をもらい、
庭の片隅に植えたものが、毎年実をつけています。
その当時は、まだドラゴンフルーツが珍しく、
割と高い値段で取引されていました。

今朝、見つけたドラゴンフルーツの花です。

2013-09-11 07.15.53

正面から見ると大きくて迫力があります。

2013-09-11 07.14.56

サボテンのような葉の先っちょに小さな実が見えます。

2013-09-11 07.15.08

我が家のドラゴンフルーツは白い色の品種ですが、
赤い品種もあり、こちらの方が甘みが強いようです。
当時、チェンマイで栽培が始まった頃は、
白い品種の方が多く栽培され、
赤い品種は少し小さいのですが、吉兆ということで、
中華系の人々に重宝され、価格も白より高かったのです。
その後、多くの農家が栽培するようになり、
たくさん採れすぎて値崩れを起こしてしまいました。
そこで農家は白い品種を切り倒して違う作物に転換したのですが、
今度は品薄になり、反対に価格が上がってきました。
と言っても、植えてすぐに実がなるものではなく
最近では、逆転して白い品種の方が、赤よりも高いそうです。

2013-08-14 17.14.12

家の庭で採れたものではありません。

2013-08-14 17.17.19

個人的には赤い品種の方が好きなのですが、
この赤い色素、服などにつくとなかなか落ちません。
ましてや、翌朝になっても色素自体は分解されず
トイレでは赤い排出物を見ることになり、
初めて見たときは、本当にびっくりしました。

うちのドラゴンフルーツは白ですが、
いつになったら食べられるのか、今から楽しみです。
関連記事

| 食べられるもの | 19:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再び、散歩

この夏、一緒に北タイを回った60歳を超える知人、
今年の元旦から毎日1万歩を歩いているということでした。
タイにいる間も、欠かさず歩ける場所を探して継続していました。
生徒達と学校へ登校、ホテル近くの旧空港の滑走路、
1万歩に少し足らないからと、市内の公園を歩いたり、
雨の日は、宿泊した屋内で歩数を稼いでいました。
その知人が使っているのが、以前使っていた携帯電話で、
別に歩数計もあるそうですが、これが1番と言っていました。
知人が朝早く、夕方に歩いている間、
私は別のことをして、スマホをいじったり、
メールの返信をしたりして過ごしました。

しかし、その人が帰国されてから、
忙しさを理由にほとんど運動をしていなかった自分を省み、
私も歩数計を持ち歩いて、散歩をするようになりました。
1日1万歩が目標ですが、なかなか到達しません。

以前、日本で買ってきた歩数計を取り出して使っています。

2013-08-31 15.55.33

1万歩を超えると、バンザイしているマークがでます。
でも、バイクや車などで移動する時、
歩いていなくても、その振動で歩数がカウントされるようです。

家の周りを1周すると約1,500歩ぐらいになります。
すると、単純に1万歩を越えようと思うと、
7周ぐらいしないといけないことになります。
なかなか1度に7周もできないので、朝夕に分けたり、
家の中で歩いたり、外へ用事で出かける時も
歩数計を持ち出すようになりました。

飽きっぽい性格なので、いつまで続くかわかりませんが、
来年は、その知人と一緒に歩けるよう継続したいと思っています。
関連記事

| 健康なこと | 09:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |